無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「何よりも利益を優先していた」…フェイスブックの内部告発者がアメリカ上院で証言

フェイスブックの元従業員で内部告発者のフランシス・ホーゲンが、2021年10月5日火曜日に開催されたアメリカ上院商業科学運輸委員会の公聴会で証言した。

フェイスブックの元従業員で内部告発者のフランシス・ホーゲンが、2021年10月5日に開催されたアメリカ上院商業科学運輸委員会の公聴会で証言した。

Drew Angerer/Pool via AP

  • フェイスブックの元従業員で内部告発者のフランシス・ホーゲンが、アメリカ上院の公聴会で証言した。
  • この証言は、フェイスブックの問題のある慣行を示す内部文書を彼女がリークした後に行われた。
  • 彼女は、フェイスブックが過激主義や国家分断を止めることよりも利益を優先していたと証言した。

フェイスブック(Facebook)の内部告発者、フランシス・ホーゲン(Frances Haugen)は、ソーシャルメディア大手の物議を醸すビジネス慣行のについての内部文書を暴露した後、2021年10月5日(現地時間)にアメリカ上院委員会の公聴会で証言した。

ホーゲンがウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に公開した文書には、フェイスブックはインスタグラム(Instagram)が若いユーザー、特に10代の少女の精神的な健康に悪影響を与えていることを知っていたと記されていた。また、2018年のアルゴリズム変更により、センセーショナルで分断的なコンテンツがさらにユーザーに浸透することを従業員が懸念していたことも示されていた。

彼女は、フェイスブックやその他のプラットフォームを連邦政府の規制機関が監督することの必要性を強調する一方で、会社を解体することには反対だと述べた。上院議員たちは、彼女を「アメリカンの英雄」、そして変革の「触媒」と呼んだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular