無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ベゾスやマスクの寄付額は資産の1%以下…ビリオネアはより豊かに、そしてケチになっている

ブルーオリジンのジェフ・ベゾスCEO(左)とスペースXのイーロン・マスクCEO(右)。

ブルーオリジンのジェフ・ベゾスCEO(左)とスペースXのイーロン・マスクCEO(右)。

Joe Raedle/Getty Images/Axel Springer

  • ジェフ・ベゾスやイーロン・マスクをはじめとするビリオネアの多くは、2020年に過去最高の資産額を記録した。
  • だが彼らがその富を他の人と分かち合った金額は、これまでになく少なかった。
  • 2021年のフォーブスの長者番付「フォーブス400」にランクインしたビリオネアのうち、寄付額が資産の1%未満なのは、ベゾスやマスクを含む156人で、過去最多だった。

ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)とイーロン・マスク(Elon Musk)は、どちらがより裕福か、またどちらがより訴訟好きかを巡って争っているところだが、彼らは別の争いにも巻き込まれている。「世界一ケチなビリオネア」の称号を巡る争いだ。

パンデミック時代の株価高騰でビリオネアの資産は新たな高みに向かって膨らんでいるが、フォーブスの「慈善活動スコア」によると、世界で最も裕福な人々は、慈善活動を膨らませる気はないようだ。

慈善活動スコアとは、フォーブス400にランクインしたビリオネアが行ってきた寄付の総額を、現在の総資産と寄付額の合計で割って算出し、それを「1%未満」「1%以上5%未満」「5%以上10%未満」「10%以上20%未満」「20%以上」の5段階に分類したものだ。

なお、私設の財団や使途推奨冠名基金(donor-advised funds)はカウントされていない。これらの「寄付」は事実上、寄付者の管理下に置かれ、彼らが税金を払わずに済むような手厚い特典もあるからだ。

アメリカの世帯が保有する純資産額の中央値は、現在約12万ドル(約1300万円)であり、もしその世帯が1200ドル(約13万円)を慈善活動に寄付したとすると、ベゾスやマスクよりも寛大だということになると、フォーブスは指摘している。

2021年の「フォーブス400」にランクインした400人のビリオネアのうち、資産の10%以上を寄付したのはわずか19人で、1%未満の寄付は過去最高の156人だった。ベゾスとマスクはまだ1%未満から抜け出せていないが、ベゾスの元妻であるマッケンジー・スコット(MacKenzie Scott)は資産の13%を寄付してている。そして、それだけ寄付していても、彼女は2020年よりも裕福になっている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み