無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ベンチャーキャピタル11社が明かす「こんなスタートアップには投資しない」5つの理由

起業家にとって、投資家の目を引こうと多くのスタートアップ企業がメールで売り込む中で目に留めてもらうのは、まさに闘いだ。

朗報なのは、2020年、ベンチャーキャピタリスト(VC)による出資額は記録的な額に達したこと、彼らがスタートアップ企業のプレゼン資料に目を通す時間は平均で3.4分となったこと。2019年の平均17秒からは大幅なアップだ。

とはいえ、対面あるいはバーチャルな会議で売り込む際、投資家にどれだけ好印象を残せるかは重要だ。これによって資金調達の成否も変わってくる。

そこでInsiderは11人のVCに取材を敢行、希望に満ちた起業家からの出資要請を断った理由を聞いた。意見に多少の違いはあったものの、明確なテーマがいくつか浮かび上がった。

ハリー・ブリッグス率いるオマーズベンチャーズ(OMERS Ventures)は、「最終的には99%のスタートアップ企業にノーと伝える」と言う。理由はさまざまだが、一番多いのが「十分な志が感じられない」からだ。

一方、ブロッサムキャピタル(Blossom Capital)は、年間わずか5社にしか出資しない。創設者のオフィーリア・ブラウンは、同社が却下したとしても、それは「必ずしもスタートアップ企業のチームに問題があるからではない」と話す。

以下は、投資資金数百万ドルを誇るVCが「こんなスタートアップには投資したくない」と思う5つの理由だ。VCからの出資を取り付けるために「やるべきこと」「やるべきでないこと」の参考にしてほしい。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular