無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


10代の支出先の第1位にファッションが返り咲き…人気のアパレル&シューズブランド・トップ5


615f0edfa452880019b578d8

AP

  • ティーンの支出において、ファッションが食品を抜いてトップになったことが、パイパー・サンドラーの調査で明らかになった。
  • 前回、ファッション用品がトップだったのは2014年の秋だった。
  • ここではティーンに人気のファッション、シューズブランドを紹介する。

ティーンたちは、長い間してこなかった新しいお気に入りの物を買うショッピングを楽しんでいるようだ。

投資銀行パイパー・サンドラー(Piper Sandler)の最近の調査によると、ティーンの支出の中で優先順位が高いのはファッションだという。

パイパー・サンドラーは2021年8月17日から9月16日にかけて平均年齢15.8歳の10代のアメリカ人1万人を対象に調査を行った。その結果、彼らの支出の22%を衣料品が占め、食料品の21%を上回ったことが分かった。10代の若者の支出で衣料品がトップになったのは、2014年の秋以来のことだ。

パイパー・サンドラーのシニア・リサーチ・アナリスト、エリン・マーフィー(Erinn Murphy)は、「アパレルでは、スポーツウェアが依然として主流であり、ナイキ(Nike)と ルルレモン (lululemon)が最高値を更新している」と、プレスリリースの中でと述べている。

「フットウェアでは、ナイキ(Nike)がトップに君臨する一方で、コンバース(Converse)やクロックス(Crocs)がシェアを伸ばし、バンズ(Vans)は低迷した。また、マイケル・コース(Michael Kors)はハンドバッグブランドとしてナンバーワンの座を奪還した。同時に、同時に、デニムのシルエットも変化しており、ハイウエストのマムジーンズなど、ゆったりとしたフィッティングのものが増えている。消費者はアパレルの買い足しを続けていて、その傾向は2022年も続くと考えている」

以下では、今回の調査で分かった10代の若者が好きなファッション、シューズブランドを紹介しよう。


ティーンに人気のファッションブランド・トップ5

1位 ナイキ(Nike)

Customers lined up outside the Nike

VCG/VCG via Getty Images

2位 アメリカンイーグル(American Eagle)

People pass an American Eagle Outfitters clothing store, in New York.

Mark Lennihan/AP

3位 パックサン(PAC SUN:Pacific Sunwear of California)

PacSun

Stefanie Keenan/Getty Images for PacSun

4位 アディダス(Adidas)

Adidas

Thomas Peter/Reuters

5位 ルルレモン(lululemon)

5ffdd51c978a130019d89e1a

John Greim/LightRocket/Getty Images

ティーンに人気のシューズブランド・トップ5

1位 ナイキ(Nike)

NIke

REUTERS/Mike Segar/File Photo

2位 バンズ(Vans)

Vans

Christian Vierig/Getty

3位 アディダス(Adidas)

Adidas

Thomson Reuters

4位 コンバース(Converse)

コンバース

Stuart C. Wilson/Getty Images

5位 フット・ロッカー(Foot Locker)

615e6e06c2a4ca001875f57c

VIEW press/contributor/Getty Images

Foot Locker

[原文:Teens named clothing their top spending priority for the first time in 7 years - here are their favorite apparel brands

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み