無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


1600万年前の琥珀にクマムシ…消化器官などの特徴から新種と判明

クマムシが琥珀に閉じ込められる過程を描いた想像図。

クマムシが琥珀に閉じ込められる過程を描いた想像図。

Art by Holly Sullivan

  • クマムシは、少なくとも5億4000万年前から存在しているほぼ不死身の生物だ。
  • しかしその小ささゆえに、化石を見つけるのは難しい。
  • ドミニカ共和国で琥珀に閉じ込められたクマムシの化石が発見され、それに関する最新の研究論文が発表された。

クマムシは、動物界の中でも最も屈強な生物であると言われている。

というのも、クマムシは真空の宇宙空間、火山の中、南極の氷床の約1000m下にある湖などでも生存できるからだ。30年間凍結された後に、生き返ったことさえある。

クマムシは少なくとも5億4000万年前から地球に存在しているが、これまでに化石として発見されたのは2種だけだった。しかし今回、3種目の発見が発表された。

2021年10月6日に発表された研究論文によると、科学者らは、ドミニカ共和国で琥珀に閉じ込められたクマムシの化石を発見したという。

「クマムシの化石の発見は、一世代に一度あるかないかの出来事だ」と、ニュージャージー工科大学の生物学者で、今回の論文の共著者であるフィル・バーデン(Phil Barden)は、プレスリリースで述べている。

「クマムシの何がすごいかというと、古代からあらゆる場所に生息し、恐竜の滅亡も植物が地上を覆うようになるのもすべて見てきたということ。しかし、古生物学者にとってのクマムシは、化石の記録がほとんどない、幽霊のような存在だ」

バーデンの研究グループは、この化石が1600万年前のものであり、「Paradoryphoribius chronocaribbeus」というこれまで発見されていなかったクマムシの1種であることを突き止めた。

小さすぎて何カ月もの間、気付かれなかった

クマムシは、地球上で最も回復力の高い生物の1種。

クマムシは、地球上で最も回復力の高い生物のひとつだ。

Ralph O. Schill/European Space Agency

クマムシは、英語で「ウォーター・ベア(水のクマ)」や「モス・ピグレット(コケの子ブタ)」とも呼ばれている。体長約0.6mmで、顕微鏡で見るとジャガイモのような体に小さな爪のある8本の足が生えていて顔にはシワが寄っている、そんなクマムシにぴったりのニックネームだ。

クマムシは摂氏マイナス272度から摂氏151度までの温度や、地球の海の最も深いところの水圧の最大6倍の圧力にも耐えることができる。

さらにクマムシは、ニックネームの由来となったクマと同様、冬眠状態に入ることができ、その間は水や酸素を必要とせず、人間にとっては致命的な温度や環境でも生き残ることができる。

しかし、クマムシは生きている間はほとんど破壊されないが、体に硬い組織がないため、化石になって見つかることはない。そのため、琥珀に閉じ込められることが、クマムシが数千年にわたって保存される唯一の方法となる。しかも、クマムシは非常に小さいので、科学者が古代のクマムシを発見する可能性は極めて低いと言える。

ドミニカ共和国で発見された琥珀に、「Paradoryphoribius chronocaribbeus」というクマムシの1種が含まれていた(四角い枠に拡大写真を表示)。右上は比較のための10セント硬貨。

ドミニカ共和国で発見された琥珀に、「Paradoryphoribius chronocaribbeus」というクマムシの1種が含まれていた(四角い枠に拡大写真を表示)。右上は比較のための10セント硬貨。

Phillip Barden (Harvard/NJIT)

実際、研究グループは同じ琥珀に含まれる化石化した3匹のアリ、甲虫、花について詳細に研究していたにもかかわらず、何カ月もこの新種のクマムシの化石に気づかなかったと、バーデンは述べている。

このクマムシの体長は0.6mm程度で、クレジットカードの厚さよりも小さかった。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み