無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


新規事業は風のある場所を選べ。AIも勝てない「人間の暗黙知」【モビリティテクノロジーズ・中島宏2】

中島宏 Mobility Technologies

撮影:今村拓馬

長年、新規事業に関わってきたモビリティテクノロジーズ 社長の中島宏(43)は、「風は起こせない」という言葉を使う。

「どれだけ素晴らしい船を造ろうが、素晴らしい地図を持とうが、素晴らしい船員を組成できようが、風が吹かない凪いだ海に乗り出したら、どこにも行き着かない。でも、波が高かろうが大嵐だろうが、風が吹いているときには、何の戦略がなくても偶然どこかに行き着くことがあるんです」

だから、新規事業は風のある場所で船出すべきだ、と。

「アプリなんか要らないよ」から一転

japan taxi

コロナ禍でタクシー業界は大打撃を受け、営業利益は約4割落ちた。ドライバーはその影響を否応なく受けたが、DXの好機ともなった。

REUTERS/Issei Kato

2000年代から始まったのはテクノロジーの世紀だ。特にこの数年はアナログだった業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)が、日本産業界の浮沈を決める鍵となっている。

中島いわく、「小売りや流通に関してはEコマース化が進んで、すでにこの風は吹き終わろうとしている」。では、ここから先に風にさらされるのはどこかというと、医療や農業、そして交通など。モビリティ業界にはいま、大きな気流が流れていると感じるという。

コロナはタクシー業界に多大な影響を与えた。緊急事態宣言によって外出する人は激減し、海外からのインバウンド客は一切入ってこられなくなった。だが一方で、コロナは意外な“成長の兆し”も運んできた。アプリの利用が増えDXが進むきっかけとなったのだ。

ユーザーサイドに「現金を使いたくない」「少しでも待ち時間を短くしたい」「密な状態での通勤は避けたい」といった需要が増えただけではない。サプライヤー側である乗務員の意識も大きく変わった。

「日本のタクシー業界は乗務員の高齢化が進んでいて、まだガラケーを使っている人たちも多い。ですから、乗務員がアプリを使いこなす啓蒙活動に、数年はかかるだろうと考えていました」(中島)

しかし、コロナが時計の針を速くした。

「アプリなんか要らないよ」と言っていた乗務員の間にも、街から人が消えると、「1人でもお客さんを増やしてくれるなら、とにかく対応してみよう」という空気が流れた。一度使ってみると、アプリの利用は自分たちの腕を否定するものではないことに気づく。

どんなに経験を積んだ乗務員でも、空車の時間帯は生まれる。その時間帯にアプリを利用するだけでも売り上げは伸びる。さらに積極的に使いこなせれば、「自分の腕+テクノロジー」の併せ技で、もっと稼げるようになると、多くの乗務員が実感することになった。

アプリの利用にはユーザーと乗務員側双方のリテラシー向上が必要だが、コロナによって図らずも、双方の啓蒙活動が進んだそうだ。

AIも超えられない上位20%運転手の腕

GO端末

提携会社のタクシー乗務員は、運転席にタブレットが設置し、「GO」のアプリを利用する。

提供:モビリティテクノロジーズ

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み