無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


おもちゃ売り場に男女を区別しないコーナーを…カリフォルニア州が法律を制定


A family shops for toys in a department store.

デパートでおもちゃを選ぶ家族。

Getty Images

  • カリフォルニア州でおもちゃや育児用品を販売する大手小売企業は、性別を分けないコーナーを設ける必要がある。
  • ギャビン・ニューサム知事は2021年10月9日にこの法律に署名した。2024年に施行される。
  • カリフォルニア州はこのような動きを義務付けるアメリカで最初の州だが、一部の小売業者はすでに実施している。

カリフォルニア州の新しい法律では、州内でおもちゃや育児用品を販売する大規模小売店に、性別で区別しない売り場を設けることを義務付けている。

AP通信によると、カリフォルニア州のギャビン・ニューサム(Gavin Newsom)知事は、2021年10月9日に行われた州議会でこの法案に署名し、同州はアメリカで初めてこのようなルールを持つことになった。

この法律は、カリフォルニア州議会のエバン・ロー(Evan Low)下院議員が立案したもので、ターゲット(Target)、ウォルマート(Walmart)、メイシーズ(Macy's)など、州内で500人以上の従業員を抱える企業に適用されるが、小規模な個人商店は対象外となる。

この法律の条文によると、店は女の子用と男の子用のコーナーを別々の売り場を設けることができるが、性別に関係ない売り場では「販売している子ども用の商品やおもちゃを合理的に選択」して提供しなければならない。この規則は2024年1月1日から施行され、違反した店舗には、最初の違反で最高250ドル(約2万8000円)、その後の違反には最高500ドル(約5万6000円)の罰金が科される可能性がある。

ロー議員はAP通信に対し、この法律を立案したきっかけは、あるスタッフの10歳の娘が母親に「女の子には禁止されているのに、男の子には許されているものがある」のはなぜかと質問したことだと語っている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み