無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


AWSがいまソフトウェア会社との提携に躍起になる理由。マイクロソフトとの「クラウド頂上対決」激化

アダム・セリプスキー

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の最高経営責任者(CEO)に就任したアダム・セリプスキー。

Albert Gea/Reuters

アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の最高経営責任者(CEO)に就任したアダム・セリプスキーが移行期の雑務を終え、生産性向上アプリケーション分野で圧倒的な存在感を放つマイクロソフトの牙城を崩すべく、攻勢に転じようとしている。

ただ、低迷を続けるビデオ会議アプリ「チャイム(Chime)」に代表されるように、アマゾンのビジネスアプリラインナップはきわめて手薄で競争力を欠く。

アマゾンもその問題は認識しており、いかにしてマイクロソフトに対抗していくかの議論が同社内でくり返されてきたことを、Insiderはこれまでもたびたび報じている。

アマゾンが静かに、しかし決して手を緩めることなく、大小を問わない提携関係の構築に勤(いそ)しんできた主な理由のひとつはそこにある。

つまり、アマゾンはクラウドソフトウェア市場でマイクロソフトにいわば「代理戦争」をしかけるために、そうしたネットワーク構築を進めてきたわけだ。

例えば、2021年9月に発表した「ノーション(Notion)」との新たなパートナーシップ。同社の「オールインワン」情報管理ツールは大きな注目を集め、最新の資金調達ラウンドを経て評価額は約100億ドル(約1兆1000億円)に達している。

両社はこれから顧客の共通化を通じて関係をさらに強化していくことになる。

そうすることで、2021年6月にAWSとのパートナーシップ拡大を発表したセールスフォースや、AWSのパートナーネットワークに参画してソフトウェアを提供する小規模なスタートアップ群との相性も良くなる。

AWSはノーションとの提携発表以前から、セールスフォースやスラック、ドロップボックスらマイクロソフトの競合企業と「反乱同盟」を結成し、各社のソフトウェアをバンドルして一本化することで「Microsoft 365」に対抗する構想を検討してきた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular