無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


お手本はニトリと北欧。コープさっぽろが「社会に役立つことだけ」で利益を出し続ける理由

コープさっぽろ

提供:コープさっぽろ

持続可能な社会の実現とビジネスの両立に取り組む企業を表彰する新たなアワード「Beyond Sustainability(ビヨンド・サステナビリティ)」。その中で、「地域資本主義を実践、SDGsのパイオニア“生協”大解剖」と題したトークセッションを展開。

登壇したのは、ローカル部門で受賞した生活共同組合コープさっぽろ理事長の大見英明さんと、同理事で早稲田大学ビジネススクール教授の入山章栄さんだ。

小さな経済圏を確立し地域をつなぐ生協は、社会貢献とビジネスをどのように両立しているのか? Business Insider Japan副編集長の常盤亜由子が聞いた。

189万人の道民が参加する“自律的な半官半民の組織”

──まずは生活協同組合(生協)の仕組みを教えてください。株式会社とどう違うのでしょうか?

大見英明さん(以下、大見): 生協は産業革命後の1844年、イギリスのマンチェスターで産声を上げました。

当時、産業革命によって隆盛した繊維織物工場にイギリス全土から労働者が集まったのですが、工場の売店では粗悪な商品しか買えませんでした。それで10数名の有志の労働者が1ポンドずつ出し合って自分たちで食べ物を調達しようと組織を作りました。これが生協の始まりです。

一人の資本家が資金を出して、あるいは複数の資本家から資金を集めて事業を起こし、たくさんの労働者を安い賃金で支配することで富を築き上げる私企業ではなく、一人ひとりの消費者が組合員としてお金を出し合って組織を作り、運営し、なおかつ利用するという3つの枠組みで事業を回しています。

──コープさっぽろはどのような組織なのですか?

大見:我々は北海道在住の組合員から出資を受けて、北海道全域を商圏としてさまざまなビジネスを展開しています。

生協は地域住民が参加している自律した組織なので、生協法で活動できる範囲が決められています。コープさっぽろの場合、北海道の外では活動できません。

コープさっぽろに参加している組合員は約189万人。北海道の世帯数は約276万人なので、道内世帯数の68%はうちの組合員ということです。理事はその組合員から選挙で選ばれて経営業務を委託代行している経営者という立ち位置です。

189万人もの組合員が参加しており、自律的な組織風土があるので、行政の手が回らない案件までやります。その意味では半官半民のような組織とも言えます。

入山章栄さん(以下、入山):今、大見さんがおっしゃったことは非常に重要なポイントです。コープさっぽろは行政と民間の中間に立ち、結果として民間の経営力を使って行政が担えなくなってきた案件を肩代わりしています。

つまり行政に代わってより効率的に、大規模に、効果的に問題解決に取り組み、成果を出しているのがコープさっぽろの1つのあり方なんです。

事例の1つに、小学校のランチの配食事業があります。北海道の複数の市では給食事業を維持するのが難しくなっています。そこでもともと食を手掛ける組織で、大量の料理が作れて、道内に張り巡らされた非常に強い流通網を持っているコープさっぽろが、行政の代わりに小学校の子どもたちに温かいランチの配送事業を始めました。

これはまさにコープさっぽろにしかできない事業です。

行動原理は「社会に役立つことだけやる」

コープさっぽろ

(左上から時計回りに)古紙100%のリサイクル紙袋、コープさっぽろ全店に設置されたマイボトルを推進する棚、マイボトルアクションのイメージカット、事業所や組合員家庭から出る資源を回収しリサイクルにつなげる「エコセンター」。

提供:コープさっぽろ

──経営の現場では「選択と集中」がよく言われますが、コープさっぽろはリサイクル施設である「エコセンター」を作ったり、脱プラや電力供給まで手掛けるなど、幅広い取り組みを行っています。入山先生はこれを経営学的な視点からはどうご覧になっていますか。

入山:一見、手当り次第に事業をしているように見えますが、コープさっぽろはきちんと選択をしています。その基本軸は、「社会の役に立つことだけを手掛けよう」ということです。

日本はこれから世界屈指の課題先進国になりますが、その中で最も課題を抱えているのは北海道です。

コープさっぽろは協同組合という民間の仕組みを使って社会の困りごとの解決に取り組むことで社会貢献しつつ、ビジネスとしても成立させ、さらにその利益をまた社会に還元しているのです。

大見:我々の行動原理は「今よりも北海道を、ひいては世の中をよくする」ことです。この原点をなくしたら普通の民間企業と変わらないので、何よりも大事にして行動しています。

経営破綻からV字回復。組織構築のお手本はニトリ

大見英明さん

生活共同組合コープさっぽろ理事長の大見英明さん。「公序良俗に反しないで社会貢献になることはすべてやる」と言う。

出典:Beyond Sustainability

──コープさっぽろは1998年に実質的に経営破綻してからV字回復し、売上高は20年で2倍以上になりました。大見さんは2007年より理事長に就任されて、どのように立て直したのでしょうか。

大見:当時、事業規模1500億円で400億円以上の赤字という壊滅的な経営状況の中で、まず大規模リストラを実施し、全国の生協から支援も10年間受けました。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular