無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾン傘下のズークス、テスト映像を公開…その自動運転技術を見てみよう

ズークス自動運転

YouTube

  • アマゾン傘下の自動運転スタートアップ、ズークスがテスト動画を公開し、同社の自律走行ソフトウェアが都市の混雑した交通状況下でどのように動作したのかを紹介している。
  • このソフトウェアは障害物を識別し、進路を判断することができる。
  • ズークスは、2016年から公道でのテストを行っている。

2020年にアマゾン(Amazon)が12億ドルで買収した自動運転スタートアップのズークス(Zoox)が動画を公開し、ドライバーレス技術の進歩により、自動運転車がラスベガスの道路を走れるほどになったことを紹介している。

この動画は、上下に2分割で上には車の外部カメラで撮影した実際の映像、下には自律走行ソフトウェアが交通状況を認識して最適なコースを選択する様子が映し出されている。この自動運転車は、他の車の間をすり抜けて合流しながら3車線の道路でレーンチェンジを行っている。しかもこの動画が撮影されたのは、交通量が多いことで知られるラスベガスのダウンタウンだ。

画面下のアニメーションは、自動運転車が危険物や障害物を検知したり、他の車との安全な車間距離を保ったりする様子を示している。ズークスは、LiDAR(光を用いたリモートセンシング技術)とレーダー探知機のシステムに加え、自動運転車の四隅に取り付けた4つのカメラを使用する。それぞれのカメラで270度の視界を確保し、死角をなくしているという。

ズークスがラスベガスで自律走行ソフトウェアのテストを行ったのは、今回が初めてではない。2020年にもラスベガスで自動運転車を1時間走行させ、ソフトウェアのテストを行った。交通量の多い道路で発生する多くの複雑なシナリオに対応できるのか、歩行者や工事現場などの迂回しなくてはならない混みあったエリアを走行できるのかといったことをテストするためだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み