無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


キッズラインの「赤ちゃん揺さぶり」動画、実績700回以上の“ベテラン”シッターだった

キッズラインHP

出典:キッズライン公式HP

ベビーシッターのマッチングプラットフォーム、キッズラインのシッターが乳児を激しく揺さぶる映像がTwitter上で拡散され、同社は10月10日、問題行為があったと認めることを発表した。さらに当該シッターは、キッズラインに2015年に登録し、6年間で735回のシッティングを実施した経験のあるシッターだったことが分かった。

子どもの健康状態に変化はなし、当該シッターは退会済み

キッズラインは、ベビーシッターと利用家庭のマッチングをするプラットフォーム運営会社。シッターの登録には審査やキッズライン社員による適切なシッティングが行なえるかどうかのモニタリングに合格する必要がある。

キッズラインはサービスに対する手数料を利用者から10〜20%、シッターから10%取っているが、派遣型のシッター会社と異なり、サービスに直接の法的責任を負わない仕組みで、トラブルの発生については原則、利用者同士で解決することになる。

今回問題が発覚したのは、2021年7月に撮影されたある映像がTwitter上で拡散されたことが発端。ベビーシッターがローチェアに乗る0歳児と見られる乳児を激しく揺さぶる場面と、大きく傾ける場面が映っている2つの映像が7月から投稿されていた。

10月9日前後に拡散され始め、現在、家の中にカメラを設置した保護者と見られる投稿主は当該ツイートとアカウントを削除している。

キッズラインは拡散により問い合わせが複数入ったことを受け、10月10日にホームページ上で不適切な保育があったことを認めた。同社によれば、当該映像については、ベビーシッターが利用された7月10日に、利用者から報告と映像の提出があり、同13日までにかけて双方へのヒアリング等を実施したという。

_MA_2826

すでに当該シッターはキッズラインを退会したという(写真はイメージです)。

撮影:今村拓馬

被害に遭った乳児について、キッズラインは「7月10日〜13日のヒアリングの際、お子様の状態に変化はないという点についてはご確認させていただいておりました」とし、健康上の被害はない模様だ。

今回、当該シッターがなぜ激しく揺さぶるような行動に出たのか、どのような保育知識を持ち合わせていたのかなどについてヒアリングの内容を問い合わせたところ、キッズラインは「派遣型でなく、マッチング型である以上、当社の立場上、取材者の皆さまへの回答が非常に難しい」と、筆者の取材に答えている。

内容は明らかではないが、ヒアリングの結果、次のような対応を実施したという。

「当社としては、その前後関係を含めどういう経緯であの映像の行為につながったのか、事実を確認し仲裁するためにも (利用者に対し)シッティング中の全体の映像を確認したいという依頼をしましたが、その提供は受けられませんでした」


「全体の映像は確認できなかったものの、すくなくとも断片的な映像だけでも不適切なシッティング行為は確認できたことから、両者ご納得の上で、返金、シッター退会となり、当社としての対応は一旦終了しておりました」

キッズラインは2020年もわいせつ事件を起こしたシッターを退会処分にしている

735回のシッティングを実施してきた人物

未就学児の保育

今回のシッターは700回以上のシッティングを実施していたという(写真はイメージです)。

Shutterstock/polkadot_photo

キッズラインへの取材により、今回問題になったシッターは、2015年のサービス開始時にキッズラインに登録して以来、735回のシッティングを実施してきた人物であることが分かった。これまでトラブルの報告は1件のみで、「爪の切り方等に関するもので、虐待等をうかがわせるものではなかった」という。

利用者から得られる評価の平均は、5段階で4.97、中低評価(5段階の1〜3)は7回程度。

決して低い評価とは言えないが、2020年までは、キッズラインでは初回レビューが自動的に5となる仕様であったほか、誰が評価したかがシッターから分かる仕様になっていたため、低い評価をつけにくいという問題があった。

しかし2020年にわいせつ事件が起きたことで、現在は匿名で数件の評価がまとまって公開される仕組みに変更されている。

キッズラインは、当該シッターについて「それ(評価システム上、低評価をつけにくかったこと)を考慮したとしても、6年間の全体シッティング依頼回数等からみて当該シッターが過度に評価の低いシッターとは認識していなかった」とする。

今回の事案を受けて、これまでに当該シッターがシッティングを実施した家庭への調査や連絡は、特に実施していないという。

資格問わず、自社実績で乳幼児を保育

キッズラインで0歳児のシッティングを担当するには、保育士として0歳児担任経験が1年以上であること、看護師や助産師で産科やNICU、小児科病棟での0歳児対応経験が1年以上であること、保健師で母子分野経験年数が2年以上などに加えて、資格を保有していないケースでも他社(派遣型等)での0歳児ベビーシッター経験が100回以上あることなど、いずれかを満たすことが要件とされていた。

当てはまらない場合は原則として登録時は原則3歳児以上しかシッティングできないが、その後、実績と経験により段階的に(シッティング可能な子どもの年齢を)引き下げるなど個別判断をしている。

当該シッターは資格保有や他社実績の要件にはいずれも当てはまらなかったが、数百回の実績を踏まえ、0歳児を担当していたという。

今回、たまたま映像で確認できたために不適切な保育が判明したが、キッズラインでの実績は必ずしも保育の専門家ではない、シッターサービス利用者の評価をもとにしたもの。

とりわけ保護者不在時の乳幼児の保育は、直接サービスを受ける子どもが声を上げられない中で、家族が限られた情報をもとに評価しているにすぎない。

自社での実績をもとに、リスクの高い乳児の保育を認めるのが適切であったかどうかは検討の余地がありそうだ。キッズラインはこの点について「本件事象に限らず、随時、見直しを実施しておりますので、そちらを継続していきます」としている。

広がる不安、求められる情報開示

Twitter

キッズラインを巡っては2020年にわいせつ行為で2人の逮捕者が出ており、適切な情報公開が必要と言える。

Shutterstock/Koshiro K

保育事故に詳しい寺町東子弁護士は「一般的には、他人に有形力を加えた場合で、怪我が生じていれば傷害罪、生じていなければ暴行罪が成立し、犯罪が疑われる場合には誰でも告発をすることができる」とした上で、今回の2本の動画を見てもらったところ、次のように述べる。

「今回、一本目の動画で赤ちゃんの体が浮く場面、2本目の動画でベビーラックを持ち上げて赤ちゃんが上にズレる場面は、かなり乱暴ではあるが、赤ちゃんがベビーラックに乗っているので、首がグラグラではないのと、遠心運動がさほどかかってないので、現実的に傷害の危険があったとは言い切れず、暴行罪に該当するか否かはグレーゾーン」

つまり、今回の行為が犯罪として報告されていない点においてキッズラインの対応が不適切だったとは言い切れないとの見方だ。

キッズラインによると、当該シッターはキッズライン退会時に、マッチング型シッターや個人として働く際に必要になる自治体への個人事業主としてのシッター開業届は廃止したという。

ただ、キッズラインを巡っては、2020年に預かり中の子どもに対するわいせつ行為で2人の逮捕者が出ている。今回の不適切な保育については、映像が拡散されたためにキッズラインが公表するに至っただけで、他にも不適切な保育がされている可能性があるのではとの不安が、SNS上で広がっている。

キッズラインは、筆者の取材に対し、2020年の強制退会者は12件あり、このうち不適切な保育を理由にしたものは3件だったことを明らかにした。「今後定期的に公表していく予定で検討している」とする。

また、再発防止策として選考プロセスにおける見極め強化、テクノロジー活用やカメラ活用の促進、利用者・サポーター双方の意識向上のための啓蒙活動、発生後の「早期解決」のための専任チーム組成による初動スピード向上などを実施するという。

SNS上で話題になってはじめて公表するのではなく、適切な情報開示と再発防止策が求められる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み