無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中央銀行のデジタル通貨は現金を補完するもの…G7財相会合、「共通原則」で合意

デジタル通貨

REUTERS/Dado Ruvic

  • G7財相会合は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)は中央銀行の使命を支えて「害を与えない」ものでなければならないとする共通原則をまとめた。
  • CBDCを発行するのであれば、現金と共存し、安全な金融エコシステムに貢献しなければならない、としている。
  • また、これらの通貨はプライバシーに関する厳格な基準を満たし、エネルギー効率に優れたものでなければならないとも述べている。

7カ国財務大臣・中央銀行総裁会議(G7財相会合)は2021年10月13日、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)は、金融・財政の安定という中央銀行の使命の遂行を支援し、「害を及ぼさない」ものでなければならず、発行されれば現金を補完することになると発表した。

「もしCBDCが発行されれば、現金を補完し、流動的で安全な決済手段として、また決済システムのアンカーとして機能するだろう」と、ワシントンでの会議の後に発表された共通原則についての声明で述べている。

このような動きは、ユーザーの信頼を高めるために、厳格なプライバシー基準、ユーザーのデータ保護に関する説明責任、情報の使用と保存に関する透明性に沿ったものでなければならない。また、このガイドラインでは、CBDCはエネルギー効率に優れたものでなければならないとしている。

「CBDCのエコシステムは、サイバー犯罪のリスク、不正行為のリスク、その他の運用リスクに対する安全性と回復力を備え、不正資金問題に対応し、エネルギー効率の高いものでなければならない」とガイドラインでは述べられている。

中央銀行が発行するデジタル通貨は、金融界で最も注目されている話題の一つだ。CBDCの導入をめぐる議論は、中央銀行間の意見の相違や、ビットコインなどの暗号資産の推進派の行動によって、雲行きが怪しくなっていた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み