無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Z世代就活生「オンライン情報戦」の現実…社風知るのはチャット欄、相互フォローから業界分析

若者

現在の現役大学3年生以降は、イチからオンラインで就活を乗り切らなければならない。

撮影:今村拓馬

2年におよぶコロナ禍で「就活のルール」自体が大きく変わりました。

現在の大学1・2年生はコロナ禍での入学した世代ですが、就活が早期化する中で、大学1年生の時からすでに就活を始めることも珍しくありません。

オンライン就活が主流になり、「リアル」な社風が伝わりにくい環境で、Z世代はどのように信用できる就活情報をかき集めているのでしょうか。

商品・サービスのアイデア着想に活かせる若者研究を提供するプランニング組織「Zs」に所属するZ世代のメンバーに話を聞きました。

「本音で語る」就活イベントに疑念

「学生に見せる情報っていい情報だけ。企業側が学生に向けて発信する情報だけで判断することはできない。(22歳・大学4年生・男性)」

「就活は企業がいいとこしか見せてくれないという疑念はある。(20歳・大学2年生・男性)」

就活説明会やOB/OG訪問もオンラインになってしまったため、就活生たちは会社の雰囲気がどうしても分かりづらいという不満も抱えています。

NPO法人エンカレッジが実施した「オンライン就職活動に対する意識調査」によると、オンライン就活で足りないと思うものの1位は「裏話など、企業説明会で聞けないことを聞く機会」だそうです。

表

画像:NPO法人エンカレッジ「オンライン就職活動における学生の意識」

現役就活生からはこんな不満の声も聞こえてきます。

「最近就活団体や企業が開催するイベントに対して思うのは、イベント名の全てに『本音で語る』『裏まで話します』とかの冠がつきすぎている。正直、とりあえずつけてるくらいだよなと思っている。(21歳・大学3年生・女性)」

就活生との距離の近さをアピールした就活イベントはかつてから人気でした。しかし今、そこで見せる本音に対しても、100%信用できるものではない、と学生は考えているようです。

チャット欄の“名前呼び”で社風を読む

では、Z世代にとって「信用できる」企業の情報とは一体なんなのでしょうか。ある就活生は、オンライン説明会での社員同士のチャット欄のやり取りを見て、社風を読み取ろうとしているといいます。

「オンライン説明会で、チャット欄が社員同士で盛り上がっている企業は風通しがいいんだなと思う。登壇者に対して『出た誰々』とか社員が盛り上がっている企業はいいなと思う。(22歳・大学3年生・女性)」

チャット

チャットの様子。「プレゼンファイティン!」など社員同士で声を掛け合う(写真はイメージです)。

画像:「Zs」作成

たかがチャットの様子だけで分かるものなのか?と思う方もいるかもしれません。けれど普段の様子に近い、リアルな状態の社員を垣間見られることがZ世代が注目するポイントとなっているようです。

名前やニックネームなど、どう呼び合っているかも確認している学生もいました。

「社風が分からないため、企業側で参加していた人たちがどのように呼び合っているのかに集中して聞いている。(23歳・大学4年生・女性)」

逆にチャット欄も盛り上がらず、かしこまって静まり返っているようなオンライン企業説明会は、企業が見栄えを重視し、本当の社風を隠していると捉えられてしまうかもしれません。

企業の「Twitterフォロー先」で業界分析

イメージ写真

志望する企業が採用専門のアカウントを持っていないかを探すのは当たり前のようだ(写真はイメージです)。

画像:「Zs」作成

本質的な情報が欲しいZ世代の情報収集テクニックは、それだけでは終わりません。

企業の人事部が就活生向けに自社のTwitterアカウントを運営している取り組みも見受けられます。そうした人事部のTwitterアカウントを見つけ、その企業がどこの企業と関わりや交流を持っているのか、どういう「界隈」なのかを見ているというのです。

「ある企業のTwitterのアカウントを見つけて、その企業が誰をフォローしているかを見る。その中でどこかの企業をフォローしていたらそれはその企業にとって利益をもたらす企業か交流のある企業だと判断している。(22歳・大学4年生・男性)」

イメージ写真。

企業の採用アカウントがどこの会社をフォローしているかを確認。ここから企業同士の関係性を見ているそうだ(写真はイメージです)。

画像:「Zs」作成

コロナで就活を自分一人でしなければならない状況になっている今の就活世代。「この企業と仲がいいです」といった情報は企業側から公式には発信されないからこそ、表向きに流れてはこない情報をSNSを通じてかき集めているのです。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_issue.001

「どうせ政治は変わらない」に効く秘策。日本の若者が“推しの政治家”を当選させるには?【音声付・入山章栄】

  • 入山章栄 [早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授]
  • Dec. 09, 2021, 06:30 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み