無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NFTマーケットプレイス、オープンシーCEOが語る暗号資産の未来。「5年以内に桁違いの巨大市場に成長」

NFTアート

タイムズスクエアの電光掲示板に表示されたNFTデジタルアートのCryptoPunksの前を通る人々。

Alexi Rosenfeld/Getty Images

世界最大規模のNFT(Non-Fungible Tokens)マーケットプレイス、オープンシー(OpenSea)のデビン・フィンザー(Devin Finzer)CEOは、暗号資産の流行を「文化的なムーブメント」だとみている。

フィンザーは、2021年10月7日に放送されたポッドキャスト『Founder's Field Guide(創業者によるフィールドガイド)』で、ホストを務めるパトリック・オショーネシー(Patrick O'Shaughnessy)にこう語った。「今では誰もが暗号資産に夢中です。周りの人もみんな持っているし、ゆっくりと、しかし着実に暗号資産コミュニティは拡大しています」

2017年にフィンザーが共同で創業したマーケットプレイス、オープンシーの業績を見れば、その発言が裏付けられていると分かる。

2021年8月の月間取引高は34億ドル(約3890億円)にのぼり、わずか12カ月前の約100万ドル(約1億1400万円)から急伸した。現在、同プラットフォームには約2200万点のアイテムが出品されている。

マーケットプレイスをいち早く築き、老舗へと成長したオープンシーは、2021年初めにNFTへの関心が高まった際、完璧な立ち位置にいた。NFTは非代替性トークンとも呼ばれ、唯一性があり、そのほとんどが他とは代替できない独自の価値を持つデジタルアイテムであり、オンラインで売買できる。

NFTは暗号資産と同様に、ブロックチェーン技術を用いてデジタル所有権を記録できる。暗号資産イーサを取り扱う、イーサリアムというプラットフォームのブロックチェーン上でNFTは取引され始めたが、現在にいたっても、NFTの大半の売買はイーサに限定されている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular