無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米当局、偽レビューやステマの取り締まりを強化…アマゾンやウォルマートなど700社に警告

616dbe8f38c1960018306854

filadendron/Getty Images

  • アメリカの連邦取引委員会(FTC)は、誤解を招くような偽の商品レビューを取り締まっている。
  • FTCは、アマゾン、ウォルマート、ターゲットなどの700社以上の企業に警告を発した。
  • 誤解を招くような文言の使用が発覚した場合、企業は罰金として1回の違反につき最大4万3792ドルを科せられる可能性がある。

アメリカの連邦取引委員会(FTC)は、消費者をあざむくような商品のレビューやレコメンドを厳しく取り締まっている。

FTCは2021年10月13日付のプレスリリースで、700社以上の企業に通知を送り、誤解を招く偽のレビューなどで商品の推薦を使用した場合、高額な罰金を科す可能性があると警告した。

「ソーシャルメディアの台頭により、本物のコンテンツと広告の境界線が曖昧になり、市場全体で虚偽の推薦が爆発的に増加している」とリリースにはあり、「その結果、FTCは現在、広告主に法律を思い出させるため、罰則取締局(Penalty Offense Authority)を使って違反を抑止しようとしている」

通知が送られた企業のリストにはアップル(Apple)、アマゾン(Amazon)、フェイスブック(Facebook)、ウォルマート(Walmart)、ターゲット(Target)、テスラ(Tesla)などが含まれている。ただしFTCは、「このリストに社名が載っているからといって、その会社が詐欺的または不公正な行為をしたことを示すものではない」とし、「多くの大企業、大口の広告主、主な小売業者、主要な消費材メーカー、大手広告代理店」に通知が送られたとしている。

この通知では、FTCが過去に不公正または詐欺的と判断した行為を行った場合、1回の違反につき最高で4万3792ドル(約500万円)の罰金を科す可能性があると警告している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular