無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップルは“月額480円”でHomePod miniの「再起」をかけた…Apple Music「Voiceプラン」登場の理由

ティム・クックCEO

アップルのティム・クックCEO。今回の発表では「音楽とMac」が大きなテーマになっていた。

出典:アップル

10月19日、アップルがオンラインイベントで新しいMacと音楽関連製品群を発表した。

Macについては別記事を参照いただきたいが、音楽についても見逃せない動きがあった。完全ワイヤレス型ヘッドホンのベストセラーである「AirPods」がリニューアルし、スマートスピーカー「HomePod mini」もカラーバリエーションを増やした。

そして大きいのは、月額480円と、非常に安価に始められる「Apple Music Voice Plan」という新料金プランが、日本でも間もなくスタート※することだ。

この新料金を用意したアップルの狙いは、Apple Musicを使った「会心の一撃」ではないか。その理由を分析してみよう。

※アップルは「この秋の後半に開始」としている

「新型AirPods」との連携でApple Musicを引っ張る

ハードの面でもサービスの面でも、音楽はアップルの収益を支える大きな柱であり、継続的な価値向上は必要不可欠なものだ。

アップルの音楽関連ビジネスの主軸は実は意外かもしれないが「ヘッドホン」だ。

AirPods

発表された新型AirPods。第3世代モデルになる。

出典:アップル

AirPodsシリーズの全世界での市場占有率は、2020年には29%で世界シェアトップ(アメリカの調査会社・カウンターポイント調べ)。日本市場でも、今年8月末の段階で4割を超えている(調査会社BCN調べ)。

一方、サービスとしてのApple Musicは、SpotifyやAmazon Musicなどのライバルとの激しい競争状態にある。世界シェアではトップはSpotify、2位がApple Musicと言われている(カウンターポイント調べ)。日本では、価格面で優位なAmazon Prime Musicがトップで、SpotifyとApple Musicが僅差で2位を時に入れ替わりながら争っている、という状況だ(ICT総研調べ)。

この状況でアップルが音楽サービスの売り上げをさらに伸ばすには、AirPodsというアップル独自の強力な武器を生かすのが近道だ。

AirPodsシリーズには、ノイズキャンセル機能付きの完全ワイヤレス型イヤホン「AirPods Pro」、ヘッドホン型の高級モデル「AirPods Max」があり、さらに、ベーシックな「AirPods」がある。

AirPodsは2016年末に発売され、2019年に音声アシスタント「Siri」を声で呼び出す機能に対応した「第2世代」が登場したものの、そのデザインや機能はあまり変わっていなかった。

今回、5年を経てデザインを一新したわけだ。AirPods Proに近い形状になったがノイズキャンセル機能はなく、価格も2万3800円と、3万円をこえるProに比べれば抑え気味だ。

AirPods

第3世代AirPodsは、デザインがAirPods Proに近くなり、動作時間や空間オーディオ対応など、多数の点が進化した。

出典:アップル

今回AirPodsが刷新されたのは、Apple Music最大の差別化点となっている「空間オーディオ」に対応するためだ。

空間オーディオとはドルビーアトモス(Dolby Atmos)形式で提供される楽曲のこと。左右の「ステレオ」で音を伝えるのではなく、「音がなる場所」を仮想的な空間に配置し、そこからの聞こえ方を再現する。結果として、従来よりも広がりのある音を体験できる。

AirPods ProやAirPods Maxは動きセンサーを搭載しており、頭の動きに合わせて音の伝え方を微調整することで空間オーディオの質を高めている。第3世代AirPodsはその機能を取り込んできた。

これで、同社の主力ヘッドホンが空間オーディオ対応になり、「AirPodsを使っているならApple Musicを」というアピールがしやすくなった。

格安の「Voiceプラン」が空間オーディオ非対応の理由

一方、また別の側面もある。

今回アップルは、ハードだけでなく新たなサービスも発表した。それが格安のApple Music料金プラン「Apple Music Voiceプラン」だ。

Apple_HomePod-mini_Apple-Music-Voice_AirPods-3rd-gen_10182021

価格を下げた「Apple Music Voiceプラン」が登場。日本でもこの秋から、月額480円で提供される。

出典:アップル

アップルはこのプランを「Siriで音楽を気軽に楽しむためのもの」だと説明している。

と言ってもこのプランは、別にSiri専用というわけではない。また、気分やアクティビティに合わせたプレイリスト機能も、実際のところVoiceプラン専用ではない。

通常プランとの違いは、次の4つの点がポイントになる。

1つ目は「ダウンロードできない」ということ。楽曲は通信がある場所で、ストリーミングのみで聞ける。

2つ目は「アップル製品以外で聞けない」こと。他のプランではWindowsやAndroidからも、アマゾンのスマートスピーカー「Echo」からも聞けるが、Voiceプランは聞けない。

3つ目は「空間オーディオと高音質なロスレスには対応しない」こと。つまり、Apple Music最大の差別化点の1つに対応していないのだ。

4つ目は、「価格」だ。月額480円と、個人向けプラン(月額980円)の半額になっている。

つまり、Voiceプランとは、実質的な「低額プラン」ということになる。

246417967_841797969840783_6910086035849025287_n

Voiceプランと他のプランの違い。空間オーディオや他社デバイスサポートなどが主な差になる。

出典:アップル

すべては「HomePod mini」の再起のために

この低価格化戦略には、もちろん狙いがある。

それは、同時に発表された「HomePod mini」に現れている。ハードとしての変化はないが、今回カラーバリエーションを一気に追加している。

HomePodmini

HomePod miniは、ハードウエアに変化はないようだが、カラーバリエーションが追加になっている。

出典:アップル

HomePod miniはスマートスピーカーなので、操作は音声で行う。Siriでの音楽再生機能は重要な機能だ。

ここで、HomePod miniの特徴とVoiceプランの特徴を並べてみると、ちょうど補完的な関係にあることがわかる。

HomePod miniが「通信できない場所」にあることはまずないし、ダウンロードでの再生も必要ない。空間オーディオにもハード的に対応していないので、そこもあまり意味がない。

むしろ重要なのは、Voiceプランを「音声で簡単に使い始められる」ことだ。iPhoneの画面から契約するのではなく、音声で「Voiceプランの利用を開始」と言えば、それだけで無料体験がスタートする。気軽に使ってもらうには、価格が安くシンプルに使えることが重要だ。

サービス価格も、HomePod miniの競合を考えると合点がいく。HomePod miniの競合はアマゾンの「Echo」であり、アマゾンの音楽サービスが広く使われているのは、価格が安くてEchoと連携しているからだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み