無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


当時、新聞は白人至上主義を支える柱だった…ジャーナリズム専攻の学生によるプロジェクトが追求

1921年6月、オクラホマ州タルサで人種虐殺が発生した際、兵士とアフリカ系アメリカ人を乗せたトラックが走っている。

1921年6月、オクラホマ州タルサで人種虐殺が発生した際、兵士とアフリカ系アメリカ人を乗せたトラックが通りを走っている。

Universal HIstory Archive/Universal Images Group via Getty Images

  • 「プリンティング・ヘイト」プロジェクトは、1865年から1960年代にかけて人種差別による暴力を扇動した新聞の役割を追及するものだ。
  • 歴史学者がInsiderに語ったところによると、白人至上主義者の代弁者として機能した新聞社もあったという。
  • また、新聞社はしばしば白人の政治的リーダーと共謀し、黒人が経済的に豊かになろうとすることを阻止していたとされている。

「プリンティング・ヘイト(憎悪の印刷)」プロジェクトでは、1865年から1960年代にかけて人種差別によるリンチや虐殺を扇動した新聞社の役割を追求し、それに基づくストーリーを作成した。

このプロジェクトは、Howard Center for Investigative Journalismと複数の大学のジャーナリズムスクールとのパートナーシップによるものだ。60人のジャーナリズム専攻の学生が選ばれ、取材と執筆を行った。

プリンティング・ヘイトでは、マサチューセッツ大学アマースト校のアメリカジャーナリズム史家であるキャシー・ロバーツ・フォード(Kathy Roberts Forde)教授の論文が引用されている。彼女は2021年11月に出版される『Journalism and Jim Crow: White Supremacy and the Black Struggle for a New America』の著者でもある。

フォード教授がInsiderに語ったところによると、当時の地方紙の報道の多くは、白人至上主義の政治と経済を支えるためのものであり、アメリカ南部の民主党系の新聞社はその代弁者としての役割を果たしたという。

「新聞社は、白人至上主義のイデオロギーを広めるために、そのソフトパワー、つまりストーリーテリングの力を利用した」とフォードは言う。

「政治的、経済的、社会的なストーリーを通じてそれを実行した。また、新聞社という組織自体も利用した。つまり、政治家や政治的リーダーと手を組み、メディア組織としてのハードパワーを発揮して、南部の黒人に対して選挙をめぐる暴力を振るったのだ」

1883年のダンビル大虐殺は、新聞報道がきっかけだった

1921年、オクラホマ州タルサで発生した虐殺事件の後、廃墟となったアフリカ系アメリカ人の家から立ち上る煙。

1921年、オクラホマ州タルサで発生した虐殺事件の後、廃墟となったアフリカ系アメリカ人の家から煙が立ち上る。

Reuters

このプロジェクトで作成されたストーリーのうち、最初の2つが2021年10月18日に発表された。それによると新聞が人種間の緊張を煽るような嘘を流し、それが「ダンビル大虐殺」などの暴力事件につながったケースがあるという。

このストーリーでは、1883年11月4日付のリッチモンド・ディスパッチ紙に次のような記述があったとレポートしている。

「この黒人たちは、自分たちがある種、町の正当な支配者であると考えるようになった。彼らには教訓が与えられた。大事な教訓だ...。彼らや、バージニア州の他の地域に住む彼らの同胞が、決して忘れてはならない教訓である」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み