無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Z世代が「Y2Kファッション」に回帰する理由は、パンデミックとSNS

Bucket hats are back thanks to Gen Z.

Z世代のおかげでバケットハットが復活。

Westend61/Getty Images

  • Z世代のミレニアム時代のトレンドへの傾倒が「先祖返りの経済」を生み出しているとアクシオスは分析している。
  • Z世代は、Y2Kとプレップスタイル、感傷的なエンターテインメント、そして昔ながらのテクノロジーを復活させている。
  • TikTokが、Z世代がソーシャルメディア以前の時代との絆を深め、トレンドを発信する場になっている。

ミレニアムが再び戻って来た。

かつてミレニアル世代で大人気だったすべてのものが、Z世代によって新たな命が吹き込まれている。ニュースサイト、アクシオス(Axios)のサラ・フィッシャー(Sara Fischer)は、ミレニアム世代の最大のトレンドを若い世代が復活させることで、鮮やかな色の服、感傷的なエンターテイメント、旧式のテクノロジーを特徴とする「先祖返りの経済(throwback economy)」を生み出していると考えている。

Z世代は、ミレニアル世代が今着ている服は嫌かもしれないが、彼らが10代の頃に着ていた服は大好きだ。Y2K(2000年頃流行った)のストレートやローライズのジーンズから、オックスフォード・シャツやテニス・スカートといった2000年代の「オールド・マネー(old money)」(代々受け継がれてきた資産を持つ富裕層)のプレップ・スタイルまで、過去10年前から20年前に流行したすべてのものが再流行している。

Z世代はこのような「ビンテージ」を探し求め、古着ブームの火付け役となっている。しかし、すべてが古着で見つかるわけではないため、10代の若者たちはギャップ(Gap)アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)のような旧来のファッションブランドを再びクールなものにして着こなしている。

ファッションの分野だけではない。Z世代のノスタルジーがエンターテインメントの世界も変えつつある。彼らは幼くて見ることができなかった番組や映画をストリーミング・サービスで発見している。アダム・サンドラー(Adam Sandler)は現在ティーンのお気に入りの俳優であり、「フレンズ(Friends)」は彼らの新しいお気に入りのテレビ番組で、ベニファー(Bennifer、ベン・アフレックとジェニファー・ロペス)ブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)の話題は、ミレニアル世代が初めて目にしたときと同様にZ世代を魅了している。

そして、デジタルネイティブな世代であるにもかかわらず、Z世代は昔の技術を嫌ってはいない。彼らは、AirPodsを有線のヘッドフォンに変え、ヴィンテージアクセサリーのように身に着けていたりもする。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み