無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


シリコンバレー発、“エコな移動で得する”マイレージアプリ日本上陸。JALが出資した理由とは

アメリカ・シリコンバレーで生まれた、移動手段と距離に応じてポイントがたまるマイレージアプリ「Miles(マイルズ)」が日本でローンチした。

特徴は、飛行機より車、車より電車、電車より徒歩など、よりCO2排出量が少ない「エコ」な移動に多くのマイルが付与されること。

出資しているのはアプリの仕組み上、最も「割りを食う」はずの航空会社JALだ。一体なぜか。

徒歩は10倍、飛行機は0.1倍のボーナスマイル

Miles

エコな移動をすればするほどマイルが貯まるアプリが日本上陸。Miles JapanのCEO髙橋正巳さんがその狙いを語った。

撮影:竹下郁子

「Miles(マイルズ)」の正式ローンチに伴い、運営会社のMiles Japanは2021年10月20日、記者会見を開いた。

アプリの使い方は簡単だ。スマートフォンにインストールして位置情報の取得を「常に許可」に設定するだけで、AIが移動手段を自動で判定、マイルが溜まっていく。移動のたびにアプリを起動する必要はない。

1マイル(約1.6キロメートル)の移動につき1マイルのポイントが付与され、さらに健康的で、CO2排出量が少ないなど環境に配慮した移動手段にはボーナスマイルがつくのが特徴だ。マイルの倍率は以下のようになっている。

10倍:徒歩、ランニング

5倍:自転車

3倍:バス、電車、船、スキー

2倍:車の相乗り

1倍:車

0.1倍:飛行機

記者も通勤時の電車移動に使ってみたが、貯まったマイル数「◯◯kgのCO2排出量を削減しました」という通知がくるため、「だるい」移動が「なんだかいいこと」をした気分に。CO2量は車との比較で割り出しているという。

高まる健康意識、「1駅歩く」背中を押したい

Miles

撮影:竹下郁子

貯まったマイルは百貨店のマルイ、スポーツ用品メーカーのUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)、定額動画配信サービスのHulu、靴修理のMISTER MINIT(ミスターミニット)など、ローンチパートナー企業が用意した108の特典で活用できる。

ローンチパートナーの1社であるファミリーマートの特典は、アイスコーヒーS・ブレンドSの無料引き換えクーポンだ。コーヒー1杯のために必要となる500マイルを貯めるには、車だと約274キロメートル、徒歩だと約80キロメートルの移動が必要になる計算だ。

Milesはアメリカのシリコンバレー発のアプリ。2019年の正式ローンチ後、現在のユーザー数は140万人を超える。ユーザーの男女比は女性6割、男性4割で、年齢は20〜40代前半までが大半を占めているという。

コロナによりテレワークが定着し、出社を見直す企業も多い。移動の減少に加え、人々の気候変動など環境問題への意識も薄い中、日本ではどのような層をターゲットに考えているのだろうか。Miles JapanのCEOを務める髙橋正巳さんは言う。

「コロナの影響で飛行機や公共交通機関の移動が減っている一方で、徒歩や自転車の利用が増えるなど、健康意識が高まっていると感じます。毎日ワークアウトをするような『ガチ』な層でなくとも、このアプリを入れることで『じゃあ1駅歩いてみようか』というインセンティブが働くといいなと。

環境問題についての意識も徐々に変わってきていると思うので、日頃の習慣をカジュアルに変えるきっかけになれば嬉しいですし、そういう方々に喜んでいただけるのではないでしょうか」(髙橋さん)

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み