無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


バイデン大統領、連邦所得税を払っていない大企業を批判…「朝のコーヒー代ほども払っていない」

Former Vice President and Democratic presidential candidate Joe Biden visits a coffee shop on May 14, 2019 in Concord, New Hampshire.

2019年5月14日、ニューハンプシャー州コンコードのコーヒーショップを訪れたジョー・バイデン。当時は民主党の大統領候補だった。

Spencer Platt/Getty Images)

  • ジョー・バイデン大統領は、連邦所得税を支払っていない企業をツイートで批判した。
  • バイデン大統領は、インフラ投資の支出を補うために法人税率を引き上げることを提案している。
  • バイデン大統領は、法人税が0ドルの企業を3ドルのコーヒーと比較した。多くの人は期間限定ドリンクにもっと支払っている。

ジョー・バイデン大統領は、内国歳入庁(IRS)への納税額を、朝のカフェイン飲料と比べ、企業が所得税を納めていないことを改めて非難した。

バイデン大統領はツイッター(Twitter)に次のように書きこんだ

「もしあなたが今朝のコーヒーに3ドル使ったとしたら、その金額は大企業55社が近年支払った税金の額よりも多い。これは間違ったことであり、変えなければならないことだ」

民主党は、インフラ投資法案の最終的な党内合意を目指しているが、その財源は企業や富裕層への増税で賄うことになるだろう。バイデン大統領の辛辣な発言はそのような状況下で発せられた。

もしあなたが今朝のコーヒーに3ドル使ったとしたら、その金額は大企業55社が近年支払った税金の額よりも多い。

これは間違ったことであり、変えなければならないことだ。

彼は法人税に関してお気に入りの論点を引き合いに出している。それは所得税をまったく支払っていない多国籍企業のことだ。左派系の非営利のシンクタンク、 税・経済政策研究所 (Institute on Taxation and Economic Policy)が2021年4月に発表した報告書によると、ナイキ(Nike)やフェデックス(FedEx)などの企業55社は、2020年の利益に対して連邦所得税を支払っていないことが判明した。税引前利益を405億ドル(約4兆6000億円)近く計上したにも関わらずだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み