無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


メスのアフリカゾウから牙がなくなった…密猟者から逃れるために急速に進化

A tusked African elephant in South Africa's Kruger National Park.

南アフリカのクルーガー国立公園に生息する、牙のあるアフリカゾウ。

Getty

  • モザンビークの内戦中、軍隊は象牙を集めるためにアフリカゾウを絶滅寸前まで追い込んだ。
  • その結果、内戦中とその後では、牙のないゾウの割合が劇的に増加したことが分かった。
  • このことは、ゾウが生存率を高めるためにすばやく進化したことを示している。

プリンストン大学(Princeton University)の進化生物学者、シェーン・キャンベル‐ステイトン(Shane Campbell-Staton)はそれまで、キャリアのほとんどをトカゲの研究に費やしていた。しかし、2016年のある日の午前3時、彼はYouTubeを見ていてアフリカゾウに関する動画に出くわした。その動画では奇妙な傾向が述べられていた。モザンビークのゴロンゴサ国立公園(Gorongosa National Park)では、多くのメスのゾウに牙がないというのだ。

通常、アフリカゾウのメスで牙のない個体は2%しかおらず、これは珍しいことだった。興味を持ったキャンベル‐ステイトンは、ゾウを研究している同僚に尋ねてみたが、まだ誰もこの謎を調べていないことが分かった。すると、プリンストン大学の生物学者、ロバート・プリングル(Robert Pringle)が、この現象を自分で調べてみないかとゴロンゴサ国立公園にキャンベル‐ステイトンを誘ってくれた。

「『はい、やります』と返事をするまで1.5秒しかかからなかった」とキャンベル‐ステイトンはInsiderに語った。

YouTubeの動画を見た7カ月後、彼はアフリカでヘリコプターに乗ってゾウの数を数えていた。ゴロンゴサ国立公園で撮影された過去の映像と現在の個体数を比較した結果、彼とプリングルは結論を出した。牙のないメスのゾウの数が約30年間で劇的に増加していたのだ。1977年から2004年の間に牙のないメスの割合は18.5%から33%に急増していた。

この研究結果は、2021年10月21日発行のアメリカの科学誌『サイエンス(Science)』に掲載された。

ゾウは内戦の犠牲になった

この新しい研究によると、ゾウの牙がなくなる傾向が強まったのは偶然ではないという。

A carcass of an elephant killed by ivory poachers at Tsavo East Park in Kenya, 1988.

1988年、ケニアのツァボ・イースト国立公園で象牙の密猟者に殺されたゾウの死骸。

William F. Campbell/Getty

モザンビークは1977年に血みどろの内戦に突入した。双方の軍隊はアフリカゾウを狩り、象牙を売って15年に及んだ戦争の資金源にした。その結果、1992年までに、ゴロンゴサ国立公園内のゾウの数は90%以上も減少してしまった。そして、内戦中、国立公園内では牙のないメスの数が3倍近くに増え、メスの2頭に1頭が牙を持たない状態になっていた。

牙のあるゾウが密猟者に狙われていることを考えると、牙のない象の方が生き延びる可能性が高いことは納得できる。

この傾向は内戦が終わっても続いていたが、牙のないメスのゾウが生まれる割合はやや減少したという。1995年から2004年の間に同国立公園内で生まれたメスのゾウは3頭に1頭の割合で牙がなかったが、内戦が始まる前は5頭に1頭だった。研究者たちの計算によると、1972年から2000年の間、牙のあるメス1頭に対して牙のないメスは5頭が生き残ったことになるという。

この結果は、密猟が急速な進化をもたらしたことを示している。

「偶然だけでこれだけの変化を起こすのは、絶対にあり得ない」とキャンベル‐ステイトンは話している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み