無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ゴーストキッチン成功のカギは、配送ドライバーを厚遇すること…年1000万円以上を稼ぐ人も

ゴーストキッチンのパイオニアはドライバーに1000万円を払う

ゴーストキッチンの店「クラスタートラック」の内部。

ClusterTruck

  • ゴーストキッチンのパイオニアである「クラスタートラック」は、配達ドライバーに最大で年間8万8000ドルの給与を払う。
  • この賃金を確保するため、同社は配送業者を利用しないモデルを採用している。
  • 同社ではドライバーが十分な賃金を得られるよう、その人数を増やしすぎないようにしているという。

デリバリーのみの飲食店サービスであるゴーストキッチンは、パンデミックの開始とともに人気になった。それから18カ月以上たった今、多くの飲食店が店内でのサービスを再開しているが、彼らはその存在感を維持している。

市場調査企業のユーロモニターによると、ゴーストキッチンは2030年までに1兆ドル規模の市場になる可能性があるという。

成功の主な要因は、従来の飲食店とは異なるコスト構造だ。配達専門のゴーストキッチンはわずかな従業員のみで行うことができ、不動産の賃料と人件費を大幅に削減することができる。そして、インディアナ州インディアナポリスを拠点とするクラスタートラック(ClusterTruck)の場合は、ドライバーの幸せもビジネスの成功に必要不可欠だという。

「ドライバーは、クラスタートラックでは中心的な存在だ」と、同社COOのブライアン・ホーウェンシュタイン(Brian Howenstein)はInsiderに述べている。

同社は垂直統合を行っており、店内のシェフが注文を調理して、自社の配達ドライバーが顧客に届けるまで、すべての工程を自社で管理しているという。

特に注目すべきは自社の配送網を持っている点だ。ホーウェンシュタインによると、すべてのドライバーは、Deliverooウーバーイーツ(Uber Eats)などの第三者のデリバリーサービスを通じてではなく、クラスタートラックと直接契約した請負ドライバーだ。

彼らの仕事は、必要に応じて割り当てられる。「ドライバーがクラスタートラックの配達を行いたいときは、アプリで『配達可能』をクリックする。我々が注文を受けるとドライバーに通知を送り、ドライバーはキッチンに向かい、配達を開始する」と、ホーウェンシュタインは話す。

同社は、過剰にドライバーを抱えることがないようにコントロールしているという。「我々のシステムを機能させるためには、ドライバーを幸せにして十分に稼げるようにしなければならない」と彼は述べた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み