無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


新型コロナは脳の細胞にダメージを与え、認知機能を損なう可能性も —— 最新研究

MRI画像

BSIP/Universal Images Group via Getty Images

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は脳の内皮細胞にダメージを与える可能性があることが最新研究で分かった。
  • COVID-19の患者の84%が神経症状を訴えているのは、そのせいかもしれない。
  • ダメージは回復する望みがある。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は脳の小血管にダメージを与え、認知機能を損なう可能性があることが最新のある研究で分かった。

ドイツ、フランス、スペインの科学者らが実施したこの研究は、COVID-19が脳の内皮細胞を破壊する恐れがあることを明らかにした。

これまでの研究で、COVID-19の患者の84%が嗅覚障害や味覚障害、てんかん発作、脳卒中、意識消失、錯乱といった神経症状に苦しんでいることが分かっていて、こうした症状はそのせいかもしれない。

今回の研究は、COVID-19で死亡した患者の脳をスキャンして行われた。

研究の結果、いわゆる「ひも状血管(string vessels)」 —— 血流のなくなった死んだ細胞。認知機能障害の兆候で、軽微な脳卒中といったさまざまなリスクがある —— が増えていることが分かった。

ただ、希望はある。COVID-19のこの新しい側面は回復の可能性がある。

「わたしたちは非常に軽症なCOVID-19のハムスターを見てきましたが、この現象は回復可能なようです。人間においても、回復可能であることが期待できます」と論文の共同著者でフランスのリールにある国立保健医学研究機構(INSERM)のビンセント・プレボ(Vincent Prévot)氏はRFIニュースに語っている。

新型コロナウイルスは未だ新しいウイルスであり、まだ分かっていないことがたくさんある。

[原文:New study finds that COVID-19 can damage brain cells, impairing cognitive function

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み