無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Pixel 6 Pro実機レビュー:独自チップとグーグルAIで進化したカメラと音声認識機能

Pixel 6 Pro

グーグルのPixel 6 Proを約6日間使ってみた。

撮影:小林優多郎

「控えめに言って、普通じゃない」

グーグルの最新スマホ「Pixel 6 Pro」を日常使いや仕事用のスマホとして使っていると、だいたいこんなことを自然と呟いてしまう。

Pixel 6シリーズに搭載された、グーグルが初めてスマホ向けに設計した専用チップは、一体どのような実用的な機能を実現しているのか。

10月28日発売の上位機種「Pixel 6 Pro」を約5日間使ってみたファーストインプレッションをお送りする。

「モーションモード」など新しい撮影機能が圧巻

Pixel 6 Pro カメラ

Pixel 6 Proは超広角、標準、望遠の3つの背面カメラを搭載。かなり出っ張っているが、グーグルはこれを「カメラバー」と呼んでいる。

撮影:小林優多郎

最も分かりやすく、かつ多くの人に魅力的なのは、カメラ機能だろう。

Pixel 6と6 Proは搭載しているカメラにやや性能差はあるが、超解像ズームの倍率を除けばほぼ同じカメラ機能が利用できる。

その中での注目機能が「モーションモード」だ。この機能はベータ版という扱いだが、Pixel 6/6 ProのGoogleカメラアプリから呼び出すことができる。

モーションモード「長時間露光」機能

写真1

写真1。環境の割には暗所もよく撮れている写真だが、これはあくまでも「モーションモード」適用前(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

まずは、上部の写真を見てもらいたい。渋谷の交差点を撮影したものだ。これにモーションモードの「長時間露光」が適用されると次のようになる。

写真2。

写真2。モーションモード適用後。実際には写真1と同時に2枚の写真が端末内には保存される(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

機能名のとおり、いわゆる一定時間シャッターを開き続けて撮る「長時間露光」で撮影したかのような車のライトの軌跡が描かれた画が撮れている。

通常、長時間露光撮影は三脚などで本体を一定時間固定して撮影する必要がある。その間、少しでも揺れたり手ブレをしたりすると、その分画はぐちゃぐちゃになる。

しかし、驚くべきことに前述の写真はわずか3、4秒。しかも、手ブレしないように気をつけていたとはいえ、手持ちで撮影したものだ。

モーションモード「アクションパン」機能

写真3

写真3。モーションモード適用前(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

加えて、モーションモードにはもう1つ「アクションパン」という機能がある。これは動いている物体を撮ると効果を発揮する。

例えば、直前の写真3のような交差点を曲がろうとするとバスを「アクションパン」で撮影するとこうなる。

写真4

写真4。モーションモード適用後(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

実際にはこの写真のような大げさなスピードは出ていないのだが、いわゆる“流し撮り”のような疾走感のある画になる。

これもまたカメラをモーションモードに切り替えて、手持ちでシャッターを切るだけ、でなるというのだから驚きだ。

最大20倍の超解像ズーム

標準カメラで撮影

標準カメラで撮影(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

なお、Pixel 6 ProとPixel 6の違いとして、望遠レンズの有無がある。Pixel 6 Proではこれにより最大20倍の超解像ズームが利用できる(光学ズームは2倍もしくは4倍)。

以下の写真は東京・渋谷のスクランブル交差点から「渋谷スクランブルスクエア」の外壁にあるロゴを撮影したものだが、その精度も非常に高いのがわかるだろう。

超解像ズームで撮影

超解像ズーム(20倍)で撮影(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

消しゴムマジック

消しゴムマジック前

ハチ公の像を撮影。皆、下を向いているとは言え、人が写り込んでしまった(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

写真関連として「消しゴムマジック」にも触れておきたい。

これは撮影後の写真に適用でき、写真の中に写り込んでしまった通行人などを"消す”機能だ。

消しゴムマジック後

これに消しゴムマジックを適用。拡大するとやや違和感は残るが、SNSなどにあげるには十分(クリックすると大きな画像で表示します)。

撮影:小林優多郎

こういった機能のアプリや機能はすでにあり、プロであればAdobeの「Photoshop」で同様のことはできる。

追加のアプリが不要で、しかも2、3タップほどで完了してしまう。というのが、この消しゴムマジックのすごいところだ。

日本語対応がうれしい「レコーダー」と「音声入力アシスタント」

カメラ以外にも実用的な機能がある。それは、「レコーダー」アプリだ。

「レコーダー」は2019年10月発売「Pixel 4」で登場したグーグル純正の録音アプリだ。

単なる音声録音だけであれば特に珍しくはないが、このレコーダーアプリはリアルタイムでの文字起こし機能や、収録中の音の種類(音楽や拍手など)を判別できる。

拍手を認識

試しに、スマホの前で手を早いペースで叩いてみたところ、拍手と認識した(遅いペースだと認識しなかった)。

画像:筆者によるスクリーンショット

ただし、Pixel 5シリーズまでは日本語非対応。英語などの一部言語に限られていた。Pixel 6/6 Proでようやく日本語でも利用できるようになったわけだ。

実際に使ってみると、その精度の高さは「スマホに付いてきたサービス」とは思えない。人名や固有名詞など、間違いはあるが、職場の会議や、筆者のような記者であれば取材メモには十分な精度だと感じた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み