無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ブルーオリジン、宇宙ビジネスパーク構想を発表…独自の宇宙ステーションを建設へ

Blue Origin

Blue Origin

  • ブルーオリジンは、シエラ・スペースやボーイングと協力し、独自の商用宇宙ステーションを建設するという。
  • 「オービタル・リーフ」と名付けられたこの宇宙ステーションは、炭素を大量に排出する産業を宇宙で行うというジェフ・ベゾスのビジョンを反映したものだ。
  • この宇宙ステーションは商用、研究、観光のために貸し出される予定だ。

宇宙開発企業ブルーオリジン(Blue Origin)は2021年10月25日、独自に商用の宇宙ステーションを建設する計画を発表した

ブルーオリジンは、宇宙ステーション「オービタル・リーフ(Orbital Reef)」を2025年から2030年の間に配備する計画だ。このジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)の宇宙開発ベンチャー企業は、このステーションを「複合型ビジネスパーク」として利用し、商業、研究、宇宙旅行のためのスペースを貸し出すことを予定している。

プレスリリースによると、オービタル・リーフは国際宇宙ステーション(International Space Station)とほぼ同じ規模で、最大で約10人を収容可能、施設内には医療やレクリエーションといったアメニティスペースも用意されるという。

「60年以上にわたって、NASAをはじめとする宇宙機関は、宇宙飛行と宇宙居住に関する技術を発展させてきた。そしてこの10年間で民間ビジネスを軌道に乗せるための準備が整いつつある」とブルーオリジンの先端開発プログラム担当シニア・バイスプレジデント、ブレント・シャーウッド(Brent Sherwood)は語っている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み