無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


シカゴでアメリカ最大規模のベーシックインカム実験…月約6万円を5000人に給付

chicagomayer

シカゴのローリ・ライトフット市長。

REUTERS/Kamil Krzaczynski

  • シカゴ市議会は2021年10月27日、アメリカ最大規模のベーシックインカム・プログラムを承認した。
  • シカゴ市は、5000の低所得世帯に対し、1年間に渡って毎月500ドルを支給する。
  • カリフォルニア州ストックトンで実施された同プログラムでは、参加者の失業率が低下し、精神的な健康状態も改善された

シカゴは、市民に無条件で毎月現金を支給をする最新の都市になった。

シカゴ市議会は2021年10月27日、アメリカ史上最大規模のベーシックインカム(最低所得保障)の導入を可決した。このプログラムは、試験的に5000の低所得世帯に1年間、毎月500ドル(約5万7000円)を支給するものだ。参加者は無作為に選ばれるが、年収は3万5000ドル(約398万円)以下でなければならない。

同議会は2022年度の予算の一部として、約3200万ドル(約36億3000万円)をこのプログラムを通じて給付することを承認した。この資金はバイデン政権のアメリカン・レスキュー・プラン(American Rescue Plan)を通じてシカゴに割り当てられた新型コロナウイルスの救援金の20億ドル(約2270億円)から拠出される。

このプログラムは、新型コロナウイルスで大きな被害を受けた家庭の経済的負担を軽減することを主な目的としている。パンデミックが発生した最初の6カ月間で、何十万人ものシカゴ市民が職を失い、市民の約18%が連邦政府の貧困ライン以下で生活しているからだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み