無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Facebookが新社名「Meta」を発表。背後ではOculusブランドの終了とFacebookアカウントの非必須化も

ザッカーバーグCEO

マーク・ザッカーバーグCEOはFacebookの新社名を「Meta」とイベントで発表した。

出典:Meta

Facebookは10月28日(現地時間)、社名を「Meta(メタ)」に変更すると発表した。

これは同日開催のイベント「Facebook Connect」で明らかになった。12月1日からはティッカーシンボル(いわゆる銘柄コード)も、FBからMVRSに変更となる見込み。

メタバースを今後10年で10億人に

Meta ロゴ

Metaのロゴ。

出典:Meta

Metaはその名の通り「Metaverse(メタバース)」が由来だ。Metaverseにはさまざまな解釈や意味があるが、概ね“現実と仮想が交わるソーシャル空間”のようなイメージで、Facebook(Meta)が28日に発表したプレスリリースでは、

「現在のさまざまなオンライン上でのソーシャル体験を掛け合わせたようなものになります。時には3次元に拡張され、時には現実世界に投影される、それがメタバースです」

と定義している。

Metaは、メタバースの確立のため今後もVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のテクノロジーやハードウェア、通信技術などの開発を進めると同時に、今後約1億5000万ドル(約170億3600万円)もの投資を次世代のクリエイターを育成するための没入型学習に実施するとしている。

マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)CEOは、同日に公開した「創業者からの手紙 2021」の中で「今後10年以内に、メタバースを10億人にリーチさせ、数千億ドル規模の電子取引を提供し、数百万人規模のクリエイターや開発者の雇用を支える」とした。

VRブランド「Oculus」も「Meta」に

Project Cambria

ヘッドセットの「Oculus Quest」は「Meta Quest」へと変わる。加えて、Metaは現行機の「Quest 2」の置き換えでも後継機でもない、高性能・高価格帯のVRヘッドマウントディスプレイ(コードネーム: Project Cambria)を2022年に発表予定。

出典:Meta

今回の発表はあくまでも会社名がMetaに変わるだけで、SNSとしての「Facebook」「Instagram」、メッセージングの「Messenger」「WhatsApp」、ビジネスSNSの「Workplace」などのサービス名称は残る。

一方で、メタバースとしては重要のポジションに位置するVR事業の「Oculus(オキュラス)」の名称は順次なくなる。

これはFacebook Reality Labs責任者で今後、MetaのCTOに就任するアンドリュー・ボスワース(Andrew Bosworth)氏が自身のFacebookの投稿で明らかにしたものだ。

これにより、VRヘッドセット「Oculus Quest」は「Meta Quest」、ヘッドセットの設定やストア機能を持った「Oculus App」は「Meta App」になるなど、Metaブランドに統一されていく方針。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み