無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


通信が途絶えていた火星探査機から、2週間ぶりに送られてきた写真

NASAの火星探査機「パーサヴィアランス」がとらえた火星の様子

NASAの火星探査機「パーサヴィアランス」がとらえた火星の様子。2021年10月21日撮影。

NASA/JPL-Caltech/ASU

  • NASAの火星探査機「パーサヴィアランス」は2週間通信が途絶えていたが、再び写真を送ってきた。
  • 火星が太陽をはさんで地球と一直線に並ぶ「合」の期間は探査機との通信が途絶えていた。
  • その間、地球からの信号は太陽のそばを通過するため、不明瞭になってしまう。

NASAの火星探査機「パーサヴィアランス(Perseverance)」と地球との通信が途絶えていたが、2週間ぶりに写真が送られてきた。

9月28日から10月17日まで、火星が太陽をはさんで地球と一直線に並んで「合(Solar conjunction)」になる期間には、NASAの科学者は探査機との通信を行わなかった。

Solar conjunction

火星が合の位置にある状態(ソーラー・コンジャンクション)。

Courtesy NASA/JPL-Caltech

NASA のパーサヴィアランスのツイッター(Twitter)によると、探査機は砂丘と岩石の間にとどまり、通信が回復するのを待っていた。その間を利用して、天候や火星の塵が風でどのように動くかを観察していたという。

私は砂丘と岩場に挟まれた絶好の場所に車を停め、太陽が火星との信号を遮断する2週間の「合」に備えています。その間、私は塵旋風や天気の観察など、自分ができる仕事をします。

2年に1度訪れる「合」の間、地球にいる科学者は探査機との通信を行わないことを求められ、10月2日から16日は特に厳重に禁止された

NASAによると、信号が太陽付近を通過して荷電粒子と相互作用を起こすため、信号が不明瞭になる可能性がある。探査機から地球に送られたデータが欠落していても大きな問題ではないが、問題は反対の場合で、地球から送られた指令が火星に届いたときに不明瞭だと、下のNASAの動画のように、誤作動や探査機自体の破損を引き起こしかねない。

ソーラー・コンジャンクションの期間に通信が失われる原理を示した動画。

太陽付近を通過することで通信の一部が失われる可能性を説明した動画。

Courtesy NASA/JPL-Caltech

その間、探査機は自動運転になる。NASAによると、休暇をとった科学者もいたという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み