無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


【佐藤優】日本は「低学歴国」。進む大学の新自由主義化、基礎研究はないがしろ?

佐藤優のお悩み哲学相談

イラスト:iziz

シマオ:皆さん、こんにちは! 「佐藤優のお悩み哲学相談」のお時間がやってまいりました。今回は大学教員の方からのお悩みです。さっそくお便りを読んでいきましょう。

私は大学で教員をしており基礎研究分野にいます。そして転職を考えています。というのも、私が博士号を取得するあたりから、大学の雰囲気や研究者・大学教員のあり方が変わってきたからです。

私が学部生の頃、教授たちはのんびりと、学問について、時にはこれからの人生について本質的な考察に付き合ってくれました。私はこの本質的な問いをたてる力に憧れて、研究者の道を目指しました。

しかし、大学での研究はどんどん資本主義的になっているように感じます。大学経営部は、建前では“基礎研究”と名のつく分野を重視しながら、集客力やその教員がいったい何本の論文を書いているのか、インパクトファクターがいくつなのか、プレスリリースを出せるのか、外部研究費はいくら取ってこられるのか……そういった点ばかりで評価しているようです。そしてそれは学生も同じです。

以前の記事で、ウェーバーが学問を職業にすることについて「専門を極める作業的な要素と、重要な問題を思いつくインスピレーションの両方が不可欠」とありましたが、もうこの資本主義的な研究競争に疲れ、インスピレーションなどとうの昔に忘れた感覚になってしまいました。そしてそれを理由に学問を職にすることは辞めるつもりです。

しかしこれから飛び出す民間企業など、資本主義そのものだと思います。私はやっていけるのか、転職は漠然と不安です。何かアドバイスをいただけたら嬉しいです。

(まるさん、30代後半、大学教員、女性)

“ポスドク”は年収200万円もざら

シマオ:まるさん、お便りありがとうございます! 研究を職業とすることの難しさということですね。僕の友人にも大学の非常勤講師を続けている人がいますが、とても大変そうです。

佐藤さん:その方はどれくらいの収入がありそうですか?

シマオ:明確に聞いたことはないのですが、おそらく僕よりも全然低いみたいです。

佐藤さん:そうでしょうね。非常勤講師なら1コマ90分の授業をして、大学にもよりますが1~2万円程度。今は有期雇用を5年以上続けると無期雇用に転換しなければいけなくなってきていますから、逆に長く働くことも難しくなっています。大学院で博士号を取得して、年収200万円なんて人もざらにいます。

シマオ:に、にひゃく……。博士号まで取るような頭の良い人たちがそんな待遇じゃやってられませんよ!

佐藤さん:多くの人は予備校の講師などを掛け持ちして、なんとかやりくりしています。

シマオ:でも、どうしてそんな状況なんでしょうか?

佐藤さん:大きな要因は、90年代以降、国が主導して博士号取得者を増やしてきたからです。そもそも日本は先進国の中では人口当たりの博士号取得者数が少ない国なんです。欧米だと官僚でも博士号取得者がたくさんいます。そういう意味でも、日本は「低学歴国」なんですよ。

シマオ:そうなんですか!? だとしたら、博士号を持った人が増えてどんどん活躍していった方がいいですよね?

佐藤さん:そこが日本の問題です。博士号取得者が増えたのはいいけれど、就職先は増えませんでした。少子化もあって大学におけるポストは増えるどころかむしろ減っていますし、その席には50代以上の教授たちが座っていてなかなか空きません。さらに「特任教授」なんてポストが新設されて、学位を持たない有名人が採用されたりもする。必然的に、職にあぶれる博士が増えたんです。

大学は資本主義化したのか

佐藤優のお悩み哲学相談

イラスト:iziz

シマオ:でも、先日ノーベル物理学賞を取った眞鍋淑郎さんをはじめ、過去のノーベル賞受賞者も口をそろえて「基礎研究が大事だ」と言っていますよね。まるさんがおっしゃるように、大学が資本主義化して、基礎研究がないがしろにされるのは日本にとってよくないのではないでしょうか。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み