無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Web版Photoshopが“意外と高機能”な理由…狙いは「300億ドル超のコラボツール市場」

シャンタナ

今年もクリエイターの祭典「Adobe MAX 2021」がオンラインで開催された。シャンタヌ・ナラヤン(Shantanu Narayen)CEOは、冒頭の挨拶で「あらゆる場所ですべての人がストーリーを伝えるツールを手にすること」が同社の根幹だと述べた。

出典:Adobe

アドビが10月末に開催したクリエーターの祭典「Adobe MAX 2021」。Photoshopに強力なAIベースのフィルター(ニューラルフィルター)が搭載されたり、イラストレーターの大幅な機能強化も発表された。

ただ、筆者が隠れた大発表だと感じたのは「Photoshop web版」の登場だ。

Photoshop

Photoshop CC 2022に搭載されたニューラルフィルターを活用した「風景ミックス」機能。例えば、山と赤茶色の岩肌の写真を組み合わせて、山自体の形状はそのまま質感や色を変えられる。

出典:Adobe

1990年にバージョン1が公開されてから約31年、写真編集の定番アプリがウェブで利用できるようになる。

現在は“ベータ版”という位置付けで、ユーザーに広く使用感や今後増やして欲しい機能を募集している段階だが、Adobe Creative Cloudユーザーであれば編集機能を試せる。

決して"簡易版”と言えない機能の数々

Photoshop Web版

Photoshop web版(ベータ)。Chrome上で動いている以外は、iPad版に近い見た目だ。

出典:Adobe

Photoshop web版は、決してWindowsやmacOS版のフル機能アプリと同等ではない。

どちらかといえば、2019年に正式版が発表されたiPad版に近い。iPad版からペンやタッチにまつわる機能を差し引いたイメージで大体合っている。

ただ、簡易版というにはあまりにも「きちんとPhotoshopしている」というのが第一印象だ。

PSD(Photoshopの標準ファイル形式)ファイルはPSDCという形に変換されるが、以下のような機能がベータの段階でも快適に利用できる。

  • レイヤーの入れ替え、削除、追加
  • 調整レイヤーやマスクレイヤーの追加、削除、調整
  • 移動、変形ツール
  • 選択ツール(なげなわ、クイック選択、自動選択、被写体選択など)
  • ブラシ、消しゴムツール、スポイトツール
  • スポット修復ブラシ、修復ブラシ、コピースタンプツール
  • トリミングツール
  • 文字ツール(文字サイズ、行間、カーニング、Adobe Fontsを用いたフォント変更など)

試してみた

フォントも2万種類以上(日本語は500種類以上)あるAdobe Fontsから選択可能。

画像:筆者によるスクリーンショット。

使い勝手の面では、確かにベータであるためやや荒削り感はある。

だが、写真の色や写り込んでしまったゴミなどの被写体を消す、文字を大雑把に配置してみる……といった編集はできる。

そして、何より動作が非常に軽快だ。最初の読み込みには時間がかかるが(通信環境による)、その後はどの作業をするにもブラウザー上とは思えないほど、レスポンス良く動く。

写真の簡単な色調補正や、シンプルな写真+文字のグラフィックを作成もしくは編集したいという用途であれば、むしろWindows/macOS版の方がオーバースペックなのではと思えるほどだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み