無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


都心に開店した“レジ会計ナシ“の高級サラダ店が「秒でサラダ」にこだわる理由

外観

東京都千代田区の丸ビル地下にある食品売り場に、少し異質な黒い販売スペースが誕生した。

撮影:小林優多郎

ヘルシーでボリュームたっぷりの高級サラダ店が、東京のど真ん中に、ちょっと変わった無人販売店舗をオープンさせた。

首都圏を中心に約20店舗のサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」を展開するCRISP(クリスプ)社は、11月1日から東京・丸の内で無人販売所「CRISP STATION」を開始した。

CRISP社は、店舗で使うモバイルオーダーのシステムを自社開発するなど、飲食店でありながらIT活用ではユニークな存在だ。丸の内の無人販売店舗では、支払い方法にひと工夫して「レジ会計不要で持って行く」という実験的な仕組みにしているという。

さっそく、無人販売店舗を体験してきた。

1. CRISP STAION(冷蔵庫)にある8種類のサラダの中から食べたいものを選ぶ。

手に取る

好きなサラダを選んで冷蔵庫から出す。鍵などはかかっていない。サラダはどれも1180円(税込)。

撮影:小林優多郎

2. 店舗にある紙袋に商品やフォークなどを入れて持ち帰る。レジ会計は不要だ。

紙袋など

紙袋などは向かって右側にぶら下げられている。

撮影:小林優多郎

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み