無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


不妊治療をデータで変える。玉石混交のフェムテック市場のデータ活用事情

アプリ

撮影:三ツ村崇志

「女性」を意味する「Female」に、テクノロジーをかけ合わせた「フェムテック」。

生理やPMS(月経前症候群)など、女性の身体に関わる悩みをテクノロジーを使って解決することを目指し、近年注目が集まっている分野だ。経済産業省も、「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」で事業者に向けた支援を進めている。

フェムテックを名乗るサービスの範囲は幅広く、中にはエビデンス(根拠)が不十分であるにも関わらず医学的な「効果」をほのめかしているサービスもある。その一方で、医療機関や研究所と共同研究や協力関係を構築しながら、データエビデンスベースで「不妊治療」というセンシティブな課題の解決をサポートしようとする取り組みも進み始めている。

成育医療研究センターとタッグ組む「ルナルナ」

エムティーアイ

エムティーアイ、ルナルナ事業部副事業部長の那須理紗さん(左)と、成育医療研究センターとの共同研究に携わる中村茜里さん(右)。

撮影:三ツ村崇志

生理日管理から妊活までをサポートしているアプリ「ルナルナ」を提供しているエムティーアイでは、2019年から国立成育医療研究センターと「妊娠のしやすさ」や「不妊治療」に関する共同研究を進めている。

エムティーアイは、まだガラケーが全盛期だった2000年にルナルナ事業をスタート。生理という極めてパーソナルな情報をモバイル上で管理できるサービスとして、これまで多くの女性に利用されてきた。スマホ用アプリのダウンロード数は1700万件にも及んでいる。

ルナルナではこれまでにも、産婦人科医師の監修を受けながら、基礎体温や排卵日などのデータから統計的に妊娠しやすいタイミングや排卵日を予測するアルゴリズムの構築を進めてきた。

ルナルナ事業部の副事業部長を務める那須理紗さんは、

「女性の社会進出が増えてきている中で、生理日などを計算する単なる『ツール』という枠組みから、不妊治療や妊活向けのツール、PMSに特化したツールなどを拡充していきました」(那須さん)

と、サービスの経緯を話す。

2014年には「マタハラ」がユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされるなど、2010年代以降は社会的に妊娠や出産に伴う女性の働き方などへの関心もそれ以前に比べて高まっている。

ルナルナのサービス開始から20年の間に蓄積されてきたノウハウやデータは膨大だ。サービスのプラットフォームもクラウドへ移行したことで、その活用を進めている。

「もともと成育医療研究センターと何かできないかと議論していました。そこで、ルナルナの蓄積してきたデータを用いて今回の共同研究に至りました」(那須さん)

2020年10月にスタートした不妊治療に関する成育医療研究センターとの共同研究の第2弾では、ルナルナユーザーの中でも不妊治療を経験しているユーザーに対してアンケートへの協力を依頼。

身長や体重といった基礎的な情報のほか、飲酒・喫煙などの生活習慣や妊娠歴、自身が経験した治療方法や検査結果、さらに治療の結果妊娠のどのステージまで到達したのかというかなりプライベートな情報まで入力を求めた。

ルナルナ

ルナルナのアプリ上でのアンケートの内容。かなり細かい内容まで収集している。

提供:エムティーアイ

当初5000人程度からデータを回収できれば良しとしていたが、フタを開けてみれば、最終的には1万3000人ものルナルナユーザーからデータの提供があったという(現在はデータの解析中)。

「データを集める上で、ルナルナのユーザーに対して謝礼などはありません。それにも関わらず、有志で非常にたくさんの方に協力していただけている状況です。その分、課題感を感じている方が多いということなのではないかと思います」(那須さん)

データの海に眠る「不妊の因子」を探る

横溝医師

成育医療研究センターの横溝陵研究員。

取材時の画面をキャプチャ

エムティーアイと共同研究を進めている国立成育医療研究センターの横溝陵研究員は、

「不妊治療は自由診療ですので、個々の裁量が大きいイメージが持たれがちです。ただ、医療である以上、科学的に効果が見込めそうな方法に基づいて治療がなされます。もともと(普通の医療と同様に)データを活用しようという考え方はありました。

それに加えて、AIのブームが起きる中で、データをうまく使ってもっといい治療をできないか、と考えられ始めたのではないでしょうか」

とデータを活用しようとする流れを語る。

一口に「不妊」と言っても、人によって原因はさまざま。原因ごとに治療方法が変わることはもちろん、中には原因が明確に分かっていないケースもある。

今回のプロジェクトでは身体情報などの基礎データから治療結果まで、さまざまな統計データを分析することで「不妊や妊娠に影響する因子」を抽出できる可能性があると期待する。

横溝研究員は、

(アプリで集めるデータは)不妊治療の診療の現場でも治療方針を考えていく上で極めて重要なデータです。アプリを通じて情報を集めることで、さまざまな医療機関を受診している方の情報が集まっています。不妊治療のデータを解析する研究は、共同研究をやろうにも準備がそれなりに大変になり、単施設でしかやりにくいことがハードルでした。こういったプロジェクトを通じて、患者さんのためになる医療につなげていきたい」(横溝研究員)

と共同研究に対する期待を語る。

不妊治療に関するデータは、体外受精、顕微授精などの採卵を伴う生殖補助医療(ART)のデータであれば産科婦人科学会でも収集されている。

今回のルナルナとの取り組みでは、アプリを使って手軽にアプローチできたことで、医師が妊娠しやすいタイミングを指導する「タイミング法」や、男性から採取した精子を子宮内へ直接送り込んで受精させる「人工授精」などの不妊治療に関わるさらに広範囲なデータも回収できている点が特徴だ。

解析したデータをもとに、個人の健康状態などに適した不妊治療の手法を提案できるようなアルゴリズムを構築できれば、心身に及ぶ患者の負担を大きく軽減できる可能性がある。

「不妊治療は1回1回の治療も高額です。不妊治療の手法をステップアップすべきタイミングや、どれくらい試すべきなのか、悩む人は多いんです。その最終決定をする患者さんが、納得感をもって選択することをお手伝いできれば良いと思っています」(那須さん)

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み