無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


針のサイズ、投与量、副作用…子ども用新型コロナワクチンで知っておくべきこと

5歳から11歳向けのファイザー・ビオンテック COVID-19ワクチンは、特別なパッケージだ。

5歳から11歳向けのファイザー・ビオンテック COVID-19ワクチンは、特別なパッケージだ。

Pfizer

  • 2021年11月2日、アメリカ疾病予防管理センターはファイザーの新型コロナワクチンを5歳から11歳までの子どもに接種することを許可した。
  • 子ども用の新型コロナワクチンの用量は10マイクログラムで、成人や10代の若者向けの用量の3分の1だ。
  • 小児用ワクチンの有効性や副作用など、知っておくべきことを以下にまとめた。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の諮問委員会が満場一致で決定し、CDC所長のロシェル・ワレンスキー(Rochelle Walensky)博士が2021年11月2日に承認したことで、5歳から11歳の子どもがファイザー(Pfizer)の新型コロナワクチン接種の対象となった

その年齢層の子どもを対象とした臨床試験で、ファイザーのワクチンが新型コロナウイルスの発症を防ぐ有効性は91%だったことが判明した。

しかし5歳から11歳の子どもが受けるワクチンと、大人や10代の若者に接種されるファイザーのワクチンには大きな違いがある。子どもたちへの新型コロナの予防接種が可能になった今、針のサイズ、投与量、副作用など、親が知っておきたい情報について紹介する。

細い針、少ない投与量、少ない副作用、大人と同等の効果

アメリカでの小児用ワクチンの接種方式は、大人向けのものとは異なっている。

ホワイトハウスによると、大人のように集団予防接種会場で実施するのではなく、主に小児科医が子どもにワクチンを接種することになるという。また医師や看護師が使用する注射器の針は大人よりも細いものになる。

さらに3週間の間隔を空けて2回接種することに変わりはないが、5歳から11歳の子どもに投与されるワクチンの量は大人の3分の1だ。大人と10代の若者の用量は30マイクログラムだが、小児に投与されるのは10マイクログラムだ。

ニュージャージー州でファイザーと共同で子ども用ワクチンの研究を行うサイモン・リー(Simon Li)博士によると、少ない量でも大人のワクチンと同程度に有効だという。

「この投与量は実に賢明だった」とラトガーズ大学(Rutgers)の小児科の准教授でもあるリー博士はInsiderに述べた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み