無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2022年はノンアルコール・スピリッツが人気に? 健康重視の消費者がリードする"ノンアル志向"

ノンアル飲料

Ritual Zero Proof

  • ニールセンによると、アメリカではノンアルコール飲料の売り上げがこの1年で33%増えて、3億3100万ドル(約378億円)にのぼったという。
  • アナリストは、ノンアルコール飲料の売り上げは2022年も伸び続けるだろうとInsiderに語った。
  • 「アルコール抜きの生活への関心」がある若者や酒は飲むものの健康を重視する人たちが、こうした"ノンアルコール志向"に貢献している。

世界のビーガン(完全菜食主義)人気は、肉を食べる人でも美味しく食べられる代替肉を提供する企業の成長を助けた。

そして、アルコールとの関係を見直す若者が増える中、このトレンドをノンアルコール飲料で再現したいと願っているのが飲料業界だ。

リチュアル・ゼロ・プルーフ(Ritual Zero Proof)のCEOで共同創業者のデビッド・クローチ(David Crooch)氏は2年前、ノンアルコールのウィスキーとジンを開発した。同社の狙いはアルコールに反対したり、禁酒を広めることではなく、消費者に選択肢を与えることだと、クローチ氏は語った。

コーヒーに入れる「ミルク」を様々な選択肢の中から選べるように、アルコールを飲む人も二日酔いやカロリーを避けたい時はノンアルコールのカクテルを選ぶことができる。

データも、クローチ氏が提案するようなノンアルコールの選択肢を求める消費者が増えていることを示している。

ニールセンのデータによると、アメリカではノンアルコール飲料の売り上げが過去52週間で33%増えて、3億3100万ドルにのぼった。売り上げは特にeコマースで好調で、ノンアルコール飲料および低アルコール飲料のオンラインでの売り上げは315%伸びたという。

ニールセンのシニア・バイスプレジデントのキム・コックス(Kim Cox)氏は、データはノンアルコール飲料の消費者の大半が完全に"アルコール抜きの生活"を送っているわけではなく、より健康的な生活を送りたいと考えている、またはアルコールへの関心を失いつつあることを示していると話した。

「消費者は自分たちのからだに取り入れるものに対して、非常に気を使っています」とコックス氏はInsiderに語った。「飲料分野ではここ数年、一般的に低糖質、低炭水化物、低カロリーを求める、ものすごく大きなトレンドがあります」と同氏は言う。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み