無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


米国が暗号資産規制を本格検討。業界を揺るがす5つの「注視すべき動き」

ソーシャルメディア上でビットコインへの投機熱が高まったり、暗号資産を要求するランサムウェア(身代金要求型ウイルス)攻撃が最近相次いだりしたことから、議員や規制当局が、この新興市場の規制を真剣に検討し始めた。

これを受けて、暗号資産の推進派や支持団体は政治的影響力を強めるため、数多くのロビイストをワシントンDCに送り込み、特定の法案を阻むよう議員や規制当局に働きかけている。

ロビイストたちに取材をすると、彼らが特に注視しているのは、デジタル資産に関する議会や財務省の動向、そして大統領令だと言う。

そこで本稿では、暗号資産に関して注視すべき5つの最重要項目を整理する。ロビイストによると、これらの項目は年内にも暗号資産市場を揺るがし、ビットコインやアルトコインの売買方法を劇的に変える可能性があるという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

Popular