Z世代の「スローアップ」や「大改造」…彼らはよりよい職場を求めている

Z世代

Z世代は仕事に就く準備ができている。

ViewApart / Getty Images

  • Z世代が仕事に就くようになり、行動規範や期待されることを変化させてきた。
  • 彼らは「スローアップ」で生産性を低下させ、仕事と私生活がよりよいバランスになるようにしている。
  • 嫌な仕事を我慢せず、満足できる仕事に出会えるまで転職を繰り返す「大改造(Great Reshuffle)」も彼らが中心となっている。

I'm so tired that I may/Quit my job, start a new life.

(仕事辞めて、新しい人生を始めたいくらい、私は疲れてる)

これは、Z世代(1990年代半ば以降生まれ)の超人気歌手、オリビア・ロドリゴ(Olivia Rodrigo)のヒット曲「brutal(ブルータル)」の歌詞の一節だ。2021年5月にリリースされたこの曲は、大勢のアメリカ人が何カ月にもわたって仕事を辞め続けることを予見していたようだ。

ロドリゴと同じ年齢層、つまり彼女の曲を聴く人々は、そのトレンドの最前線にいる。Z世代たちの多くは、仕事に就く準備はできているが、その仕事は自分の理想通りでなければならない。

同様に、彼らは職場でニューノーマルを強く主張しており、先輩のミレニアル世代が実施してきた規範を受け入れていない。先頃、話題になったニューヨーク・タイムズの記事で研究者のエマ・ゴールドバーグ(Emma Goldberg)は、職場でよりよいワーク・ライフ・バランスを求めて、かつてないほど大胆な要求をするZ世代社員をミレニアル世代がいかに「恐れている」かを調査した。

20代の若者たちは、上司に仕事を任せ、メンタルヘルス休暇を申請し、その日の自分の仕事が終わればそれ以上働かず、帰る時間も自分で決める、とゴールドバーグは記している。仕事中毒のミレニアル世代にお馴染みの、働きすぎで、スケジュールがぎっしりと詰め込まれた日々とは明らかに対照的だ。

これは、エリカ・ロドリゲス(Erika Rodriguez)がガーディアンへ寄稿した記事で「スローアップ(slow-up)」と呼んだものの一例だ。スローアップとは、仕事からより離れるという目的のために生産性を低下させるという永続的変化を指している。休憩時間以外に休憩を取ることや、平日の特定の日にしかメールの返信をしない、といったことで、ミレニアル世代の上司を恐れさせているZ世代の行動そのものだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

Popular

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み