無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


人手不足の解消にはブルーカラーの待遇改善が必要…パンデミックは経営者への警鐘でもあった

ブルーカラーにも特典を

人手不足を解消するには、ブルーカラーにもっと多くのものを提供すべきだと専門家は述べている。

Samantha Lee/Insider

  • 逼迫した労働市場は多くの労働者に、企業へのさらなる要求を行う力を与えた。
  • 専門家は、ブルーカラーの労働者にホワイトカラー並みの特典を提供することが、人手不足から抜け出す唯一の方法だと指摘している。
  • 例えば、ボーナスの支給、福利厚生の充実、プロとしての成長の機会の提供などだ。

パンデミックの間、企業は入社祝い金のような特典をアピールしてきた。給与アップを行った企業もある。だが専門家は、企業は人手不足に陥り正念場を迎えている多くのブルーカラーの職種の給与について再考し、さらなる提案を行うべきだと述べている。

時給制の仕事を紹介する求人サイト、Snagajobのマチュー・スチーブンソン(Mathieu Stevenson)CEOは、「これまでホワイトカラーの労働者向けだった給与と福利厚生が、今ではブルーカラーの仕事でも標準、あるいは期待されるものになっている」と、Insiderに語った。彼はこの現象を「ブルーカラーのホワイトカラー化」と呼んだ。

スチーブンソンは、ブルーカラーの仕事の定着率を上げられる特典として、入社祝い金、アマゾン(Amazon)ウォルマート(Walmart)などの大手企業が宣伝している教育面での支援、キャリアパスのガイダンス、産休や男性育児休暇、メンタルヘルス関連の福利厚生などを挙げた。

小売業の労働者へのインセンティブ管理に特化したソフトウェア企業、Sparkplugの創業者兼CEOのアンドリュー・ダッフィー(Andrew Duffy)は、このような特典を提供できない企業は、人手不足の状態から抜け出せないだろうと語った。

「優秀な労働者は、待遇のよい職場にしかやってこない」とダッフィーは述べている。

「優秀な労働者を獲得できず、もっと有意義な報酬を与える新しいシステムを導入することもしない企業は生き残る気がないのだろう」

さらに、雇用モデルの中には、現代の労働者が仕事に求めるものとの乖離が著しいものがある。サプライチェーンや倉庫関連など特に人手不足に悩む業界では、季節労働者の雇用には人材派遣会社が利用されることも多い。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み