無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


“原付”より身近な15万円級電動バイクの「価格破壊」ぶりを探る

↩︎記事に戻る
< 2 / 16 >

pic02-2

筆者所有の電動キックボードLOM。入手してから約1カ月、オドメーターは60kmほどだ。

※本記事は、2021年6月2日に掲載した記事を一部編集し、再掲したものです。 いま、日常的な交通手段として、ナンバー付き電動キックボードや電動バイクといった 新しいパーソナルモビリティが注目されている。シェアリング型の電動キックボードではLuupが5月20日までに首都圏と大阪の一部地域でサービスを開…[続きを読む]
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular