無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


全米で飲食店の単純作業の自動化が進む…「人々は労働を排除したがっている」

2021年6月23日、カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッド大通りにあるスターバックスに掲げられた「We're Hiring!(スタッフ募集中)」のサイン。

2021年6月23日、カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッド大通りにあるスターバックスに掲げられた「We're Hiring!(スタッフ募集中)」のサイン。

Mario Tama/Getty Images

  • 企業は人手不足で雇用の確保に苦慮しており、単純作業であればロボットに頼る企業も出てきた。
  • 自動化装置開発企業のCEOは「人々は労働を排除したがっている」とブルームバーグに語っている。
  • イーロン・マスクは以前、自動化が進む将来、肉体労働は「あえてしなくてもよいことになる」と述べた。

雇用の確保が困難な状況の中、単純作業をしてくれるロボットがかなり役立っているので、経営者は仕事をロボットに引き継ぐ準備をしている。

「人々は労働を排除したいと考えている」と、アメテック(Ametek)のデイビッド A. ザピコ(David A. Zapico)CEOはブルームバーグに語っている。アメテックは産業用の自動化装置を製造しており、同社の事業は「すべてが全開で稼働している」という。

Insiderではこれまでにも、人手不足の原因として考えられることについて報じてきた。人々が仕事に戻らない理由は1つではない。仕事内容と労働者のスキルのミスマッチも、その一因と考えられている。アメリカのマーティ・ウォルシュ(Marty Walsh)労働長官は、人手不足のなっている原因は3つあるとInsiderに語っている。前例のない時代を生きていること、健康に不安があること、仕事から何を得たいのか見直すようになってきたことだ。

しかし、理由が何であれ、企業は事業を続ける必要があり、自動化は有効な解決策として全米に普及しつつある。何カ月も人手不足に悩んできたレストランでは、メニューをウェイターが持ってくるのではなく、QRコードで見られるようにした。

さらに、クラッカー・バレル(Cracker Barrel)では、食事代金の支払いができるモバイルアプリを展開、マクドナルド(McDonald's)ではシカゴの10店舗でドライブスルーでの自動注文のテストを開始、デイブ&バスターズ(Dave & Buster's)では非接触型注文の拡大を計画するなど、かつて飲食店で人間が行っていた多くの仕事が事実上なくなりつつある。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み