無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


元DeNA社長の電撃転身。守安氏に聞く、大学生ベンチャー・タイミーにほれ込む理由

DSC_9430

タイミーのオフィスで取材に応じる守安COO。「完全フリーアドレスでまだ少し慣れません」と話す。

撮影:横山耕太郎

ディー・エヌ・エー(DeNA)の2代目社長を務めた守安功氏(48)が、ベンチャー企業・タイミーのCOOに就任した

守安氏は、創業間もないDeNAに入社し南場智子氏の下で携帯電話ゲーム「モバゲー」を収益の柱に成長させた立役者だ。2017年には傘下の医療情報サイト「WELQ」が不正確な記事を掲載していたことから社会問題化。事態の収拾に追われた過去もある。

インターネットビジネスの最前線で走り続けてきた守安氏は、2021年2月に10年にわたって務めたDeNA社長からの退任を発表。

そして次なる挑戦の場として選んだのが、小川嶺社長(24)が立教大学在学中に起業したタイミーだった。

タイミーはスキマバイトのマッチングサービス。現在200万人のユーザーが登録し、創業4年目で約53億円を調達するなど勢いに乗る。

「コアとなる事業を拡大させる。そのために貢献したい」と語る守安氏に、なぜタイミーを選んだのか聞いた。

退任後のオファー続々、そのなかで感じた「可能性」

DSC_8698

タイミー社長の小川氏。2021年9月に撮影。

撮影:横山耕太郎

「タイミーを選んだのは、サービスについての数値データを見て、まだまだ伸びる可能性を感じたからです」

守安氏はそう説明する。

守安氏とタイミー社長の小川氏が初めて会ったのは2021年3月のこと。DeNAの創業者のひとりで、渡辺雅之氏から、「面白い企業がある」と紹介されたという(渡辺氏はその後、8月にタイミーの社外取締役に就任した)。

小川氏からは会ったその日に、「タイミーに来てほしい」と打診されたという。

ただ守安さんのもとには、大企業からベンチャー企業まで、多くの企業からオファーが舞い込んでいた。加えて、経営者やVCからは起業も勧められたという。

「最後まで起業するか、企業で働くか迷っていました」

最終的にタイミーを選ぶ決め手になったのは、タイミーのデータを見る中で成長の可能性を感じたからだという。

アルバイトを探しているユーザー側と、人材を募集するクライアント側がどのようにタイミーを使っているのか、そういったデータを詳しく見ました。市場の規模も含めて、純粋に見込みのあるサービスだと分かりました」

起業の道を選ばなかった理由については、「どちらかと言うとサービスをグロースさせる方が得意だから」と話す。

「DeNAで働いた20年間で、事業を作るゼロイチも、サービスのグロースも経験しました。

起業してゼロイチに挑戦するのも楽しいと思ったのですが、新しい事業の挑戦は失敗することも少なくない。それよりは、これまでの経験をいかしてサービスを成長させてみたいと。今はわくわくしています」

「インターネットど真ん中」のサービス

DSC_9450

守安氏はDeNA社長退任後について、「数カ月間、国内の南の島を旅していました」と話す。

撮影:横山耕太郎

ただタイミーは人材のマッチングサービスで、ゲームなどDeNAが手掛ける事業とは全くの畑違いの分野だ。

抵抗はなかったのだろうか?

「人材業界は初めての分野。昔から興味があったわけではありませんが、タイミーに関しては私が勝負してきたような『インターネットど真ん中』のサービスだと認識しています」

守安氏は「インターネットど真ん中で勝負したかった」と話す。

「タイミーは営業部隊が求人を集めて紹介するようなこれまでのサービスではなく、インターネットを駆使して、ユーザーと仕事をマッチングさせるサービス。

今は『スキマバイト』をうたっていますが、より大きな市場も狙えると思っています」

WELQ騒動「反省をいかしたい」

守安氏は1999年、創業間もないDeNAにエンジニアとして入社した。

携帯電話向けゲームサイト「モバゲータウン」を手がけ、創業者の南場氏から社長の座を受け継いだが、社長としての10年間は決して平坦な道のりではなかった。

2017年の「WELQ騒動」では、DeNAが運営していたメディアが、医療に関するまとめ記事の作成を外部ライターに依頼。不正確な情報を含む大量の記事を掲載。メディアの在り方に多くの批判が集まり、当時運営していた9媒体の記事をすべて非公開にした。

当時、私ができなかったことではありますが、成長スピードを重要視するだけではなく、どうコントロールするのかも問われています。

失敗を反省しながら、その経験を生かしていきたいと思っています」

また経営の多角化を進めたDeNAでの経験を踏まえ、守安氏は「コアとなる事業」を育てることが大事だとも話す。

「DeNAではスマホが普及し、モバゲーが存在感を失ってしまいました。社長時代はコア事業を作る苦しみがありました。

その意味では、タイミーはコア事業にはポテンシャルがある。コアを成長させることで、その周辺にも事業が生まれてくると感じています」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み