無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


サンタクロースがいない!…イベント主催者「いくらでも払う」

サンタクロースは、予防接種を受けていない子どもたちとの接触に神経質になっている。

サンタクロースは、予防接種を受けていない子どもたちとの接触に神経質になっている。

Getty Images

  • ウォール・ストリート・ジャーナルによると、全米でサンタが不足しているという。
  • 主にサンタ役を務めてきた年配で小太りの男性は、新型コロナウイルスへの感染の懸念からこの仕事をしなくなっている。
  • ある依頼者は、ホリデーイベント用のサンタを確保できるなら「いくらでも払う」と述べた。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、人手不足のアメリカでは、サンタまでもが足りなくなっている。新型コロナウイルス感染への懸念から、年配の男性がこの仕事を敬遠しているからだ。

例年のように、アメリカ中のファミリーがサンタの家に予約を入れてお祭り気分を盛り上げようとしている。しかしいつもとは異なり、2021年はサンタが足りていない。

サンタにふさわしい人材、つまり年配で小太りの男性は、新型コロナウイルスにさらされるリスクを負いたくないと考えているため、候補者を見つけるのが難しくなっていると、WSJが報じている。

人材派遣会社ハイヤー・サンタ(Hire Santa)のエルフ長、ミッチ・アレン(Mitch Allen)がWSJに語ったところによると、サンタはまだワクチンを接種していない幼い子どもとの接触に神経質になっているという。また、サンタのイベントのうち、何らかの形でソーシャルディスタンスを取るようにしているのは、約半数に過ぎないと同紙は伝えている。

サンタの派遣担当者は、今年はサンタの需要が高いのに、人手が足りないと頭を悩ませているという。アレンによると、今年のホリデーシーズンは、昨年と比べて依頼が121%増加しているにもかかわらず、サンタの人数は15%も少ないという。

39年間この業界に携わってきたスーザン・メスコ(Susen Mesco)は、これまで依頼を断ったことはないとWSJに語っている。

「2日前、ある女性が泣きながら電話をかけてきた。彼女が主催するイベントには、サンタがどうしても必要だった」

この女性はメスコに「いくらでも払う」と訴えたという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み