無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「表現力の正体とは?」山田孝之さん、木村多江さんら、プロの経験則を「見える化」できるか?

映画やドラマ、演劇などで役者が見せる渾身の演技。その世界観に思わず引き込まれた経験のある人は多いだろう。

私たちをひきつける「表現力」とは何なのか?

プロの俳優たちの演技を分析し、その「表現力」の正体に迫るプロジェクトが始まっている。

「一つの芝居で人を感動させたり、勇気づけたりすることができます。でも、その『正体』が何なのかは、今まで俳優の頭の中にしかありませんでした」

こう語るのは、映画製作会社and picturesの伊藤主税代表。伊藤代表は、演技や芝居を通じた教育事業を展開するACT(2020年7月設立)の代表取締役プロデューサーを兼任している。

ACTでは2020年9月から、山田孝之さん木村多江さん阿部進之介さん安藤政信さんらそうそうたる俳優らの協力を得て、慶應義塾大学SFC研究所(以下、SFC)とともに、「表現力の正体」を解き明かそうとするプロジェクトを開始。

彼らプロの演技を分析することで、役者教育にとどまらず、相手にうまく感情を伝えられないなどの課題を抱えた子どもたちに役立つ教育プログラムなどにもつなげたいとしている。

表現力の正体

提供:ACT

体系化されていない表現力を「見える化」する

「これまで、芝居を通じて人間教育のようなことに携わってきました。

そういった中でコロナ禍になり、学校が休校になったり、友達とも集まれなかったりする子供たちのことを考えました」(伊藤代表)

子どもの頃に経験する一つひとつの出来事は、その子ども自身の感性を育む上で非常に重要だ。大人になってから同じ出来事を体験するのとは、まったく意味合いが異なる。

コロナ禍では、子どもたちの体験の場が軒並み奪われる事態となった。

「コロナ禍で多くの人が家にいて体を動かせない中で、感性を少しでも働かせることができないかと、『演劇教育』を打ち出して立ち上げたのがACTでした」(伊藤代表)

伊藤主税氏

and pictures代表兼、ACTの代表取締役プロデューサーの伊藤主税氏。

撮影:三ツ村崇志

教育の場では、子どもに「個性」を主張することや「相手の気持ち」を考えることを求める機会はよくある。

しかし、どうすれば自分の気持ちをしっかりと表現できるのか。どうすれば、相手の気持ちを理解することができるのか。その方法は体系化されているわけではない。

そういった能力は、大人になるにつれて処世術としてそれぞれが獲得していくものだ。

しかし中には、どうしても自己表現が上手くできない人や、相手の気持ちを想像することが苦手な人もいる。

その点、迫真の演技を見せる第一線で活躍する俳優たちは、まさに表現するプロフェッショナルだ。加えて彼らは「台本」という限られた情報から、そこに描かれた人物の気持ちを理解することにも精通している。

伊藤代表は、俳優の山田孝之さんから「ただのペラ1枚の台本でも、その中で生きている人の人生は一生で、(台本ではそのうちの)一部を切り取っているだけ。台本が1枚だけでも、その人の人生を考えている」と言われたことが、非常に印象的だったと語る。

「俳優の頭の中にあるものを知ることによって、その人が何を考え、準備して、表現しているかを見える形にする。そうすれば、今後(気持ちを)表現しようとする人や、うまく表現できない人に活かせるのではないかと思ったんです」(伊藤代表)

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み