大企業からスタートアップに転職。人事専門家が教える、面接前に自問すべき6つのチェック項目

スタートアップ企業での仕事は往々にして、大企業より刺激に満ちている。

急成長のスリル、成功しなければならないというプレッシャー、個人に対する責任の重さ。これらの要素はどれも、働く人たちにとっては大きな魅力だ。しかし、スタートアップの大半は倒産するため、そうした企業への転職は本質的にリスクを伴う。

ビジネス環境はこの2年で激変している。もともとZ世代の若者は転職には抵抗がないが、それに加えてコロナ禍の影響もある。彼らの多くは、すでに「大退職(the Great Resignation)」問題と労働拒否権問題に苦心している雇用主に対し、さらにESG(環境、社会、ガバナンス)問題への対処とフレキシブルな働き方を求めている。こういった分野では素早い動きができるスタートアップに分がある。

しかし、スタートアップへの転職を考えているなら、応募する際に知っておくべきことがいくつかある。Insiderは6人の人事の専門家を訪ね、面接の準備の仕方や、転職を決める前に自問すべきこと、スタートアップに聞いておくべきことについてアドバイスしてもらった。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular