無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


写真で見る「b8ta 渋谷」─11月15日開店、電気自動車や国内初登場のラーメン自販機を設置

b8ta Tokyo Shibuya

11月15日にオープンする「b8ta Tokyo - Shibuya」。

撮影:小林優多郎

「商品を売らない小売店」こと、体験特化型店舗のb8ta(ベータ)は東京都・渋谷に「b8ta Tokyo - Shibuya」(以下、b8ta 渋谷)を11月15日にオープンする。

b8ta 渋谷は、2020年に進出した有楽町、新宿とは異なり、新たに試食・試飲ができる設備と、スマホアプリを活用した新たな体験の仕組みが導入されている。

オープン前にいち早くメディア向けに公開された内覧の様子をお送りしよう。


ARIYA

撮影:小林優多郎

入店するとで最初に目に留まるのは、12月28日までの期間限定での展示を予定している日産の電気自動車 「日産 ARIYA」だ。

試乗はできないが、車内に入ることはでき、内部の様子や「ハローニッサン」および「Amazon Alexa」といったコネクテッド機能も試せる。

日産の担当者は、「渋谷を訪れる若い世代に(ARIYAのような)コネクテッドな電気自動車があることを知ってもらいたい」と話す。

シャンデリア

撮影:小林優多郎

もう1つの目玉がロート製薬の「BÉLAIR LAB」による香りのシャンデリア。

本来のシャンデリアの灯にあたる部分に鼻を近づけて、ぶら下がっているポンプを押すとさまざまな香りが楽しめるようになっている。

オープニング時のテーマは「嗅覚で体験するクリスマス」とのことで、チョコレートなどの王道の香りはもちろん、ブランデーなどの変わり種の香りもある。

什器

撮影:小林優多郎

奥に進むと壁際や中央に実際に体験できるほかの商品が並んでいる。

試せる商品

撮影:小林優多郎

商品はいずれも実際に手に取って試せるようになっている。

商品の近くにあるタブレットで、特徴や価格を調べられるほか、スタッフである「b8taテスター」に聞くことも可能。

アプリ

撮影:小林優多郎

渋谷ならではの特徴になるのが「b8taアプリ」との連動だ。

自分のスマホにアプリを入れ、商品近くのQRコードを読み取ると、詳細情報が分かるようになっている。

カフェスペース

撮影:小林優多郎

さらに渋谷では、日本のb8taでは初めて給排水設備を設けており、店舗の奥には飲食物を提供するカフェスペースがある。

試飲

撮影:小林優多郎

一部の商品はスマホアプリでQRコードを読み込んだ後、スタッフに見せることでその場で試飲・試食ができる。

来場者は試してみた感想をアプリで表示される簡単なアンケートでフィードバックできる。

カフェメニュー

撮影:小林優多郎

カフェスペースでは、プロのバリスタの淹れるコーヒーを注文することも。

オープン時はコーヒー1杯88円(税込)で提供されるほか、“メンバー価格”などの、アプリメンバー優待施策がある。

Yo-kai Express

撮影:小林優多郎

オープン時はコロナ対策の観点から試食の提供は難しいが、日本初進出となるラーメン自販機「Yo-Kai Express」も設置されている。

Yo-Kai Expressは従来のインスタント食品の自販機とは異なり、独自の手法でフリーズドライした麺や具材を庫内に保管し、注文を受けてから“調理”を開始。

1分程度で完成し、熱々かつもっちりとした本格ラーメンが楽しめるのが特徴。アメリカでは、テスラやネットフリックスの社内に設置されている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み