無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


トラックの運転をデスクワークに変える…スウェーデン企業がアメリカの輸送市場に参入

アインライドのポッド

Courtesy of Einride

  • アインライドがこのほど、アメリカで自動運転の完全電動トラックを発売した。
  • 同社のトラック「ポッド」は、リモート・オペレーターが同時に10台を監視することができる。
  • トラックの運転をデスクワークに変えるかもしれない、未来の乗り物を見てみよう。

スウェーデンの運送会社が、トラックの運転をデスクワークに変えようとしている。

アインライド(Einride)が11月上旬、アメリカでのサービスを開始、ブリヂストン(Bridgestone)、GEアプライアンス(GE Appliances)など数社と契約した。EVトラック運用がヨーロッパ最大級の同社は、アメリカでもテストを行っていると述べた。これには、無人EVトラックの「ポッド(Pods)」や、オペレーティング・システムの「サガ(Saga)」が含まれる。

ポッドは、洗練された斬新なビジュアルだ。ドライバーのためのスペースも存在しない。

アインライドのポッド

Courtesy of Einride

アインライドによると、アメリカ仕様の車体は、公道を走る世界初の完全自動運転、完全電動のトラックになる可能性がある。

アインライドの創業者兼CEO、ロバート・ファルク(Robert Falck)は「アメリカのイノベーティブ・スピリットは世界の基準であり、その輸送市場は世界最大だ」とプレスリリースで述べている。

「我々には、100年前にディーゼルトラックが導入されて以来の大きな変化をもたらすことができるテクノロジーとソリューションがある」

まずは、貨物置き場内での使用から運用が始まるという。徐々に公道やハイウェイへと移行する計画で、それには数年かかると同社は述べている。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み