無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


カリフォルニアの山火事の煤煙、北極まで到達していた…氷を融かしているかも

2021年8月、カリフォルニア州ライトルクリークで発生した山火事。

2021年8月、カリフォルニア州ライトルクリークで発生した山火事。

AP Photo/Ringo H.W. Chiu

  • 中緯度地域で発生した大規模な火災の煤煙が、北極まで移動していることが明らかになった。
  • 煤煙は氷の融解を促し、大気を温暖化させる可能性がある。
  • 今回の発見は、気候変動問題に大きな影響を与える可能性がある。

ここ数年、山火事が猛威を振るっており、その影響は当初考えられていたよりも広範囲に及んでいる可能性がある。

大規模な火災によって空高く舞い上げられた煤煙の粒子は、北極圏まで運ばれ、そこでの温暖化を促進しているかもしれないという。新たな研究で、煤煙の影響は従来考えられていたよりも深刻であることが示唆されている。

2020年8月19日、カリフォルニア州バカビル郊外で発生した「落雷による複合火災LNU(LNU Lightning Complex)」で炎上する住宅。

2020年8月19日、カリフォルニア州バカビル郊外で発生した「落雷による複合火災 LNU(LNU Lightning Complex)」で炎上する住宅。

Stephen Lam/Reuters

「地球温暖化が加速するにつれ、山火事の件数が増え、規模が大きくなっている」と、名古屋大学環境学研究科の大畑祥助教はInsiderに語っている。

このような火災から発生した煤煙の粒子は「ブラックカーボン」と呼ばれている。科学者たちがこれらの粒子による地球の気温上昇への影響を解明しようとしていると、専門家はInsiderに語っている。

2009年8月1日から2009年11月19日までの大気中のブラックカーボンの濃度を示すアニメーション。

2009年8月1日から2009年11月19日までの大気中のブラックカーボンの濃度を示すアニメーション。

NASA's Goddard Space Flight Center Scientific Visualization Studio

白い氷の上にブラックカーボン

北極圏の気温は、地球全体の平均気温の2倍の速さで上昇している。

北極の氷床は、地球にとって巨大なサンバイザーのような役割を果たしており、大量の太陽光を宇宙に反射している。氷床がなくなると、太陽光が地球を暖め、地球の気温が上昇する。

科学的なモデルではすでに、北極の夏季の氷は今世紀半ばには完全になくなると予測されている。

2021年9月16日の北極海の海氷面積を示すイメージ画像。この日、年間で最小の面積になったと見られている。

2021年9月16日の北極海の海氷面積を示すイメージ画像。この日、年間で最小の面積になったと見られている。

NASA's Scientific Visualization Studio

査読付きジャーナル「Atmospheric Chemistry and Physics」に2021年11月4日付けで掲載された大畑を筆頭著者とする研究論文によると、現在の気候モデルでは、北極圏の大気に存在するブラックカーボンへの山火事の影響が3分の1に過小評価されているという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み