無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「Z世代にとって落語はエモい」20歳の落語家は語る。寄席にはDJブース、5Gを使って配信

桂枝之進さん4

桂枝之進さん(20)。落語家として活躍しながら「Z落語」を主宰し、若者に落語の良さを伝えている。

撮影:岡田 清孝

DJブースやモクテル(ノンアルコール・カクテル)バーのある「寄席」、5G技術を使って落語を配信 ── 。落語が、いまZ世代から注目されている。その中心となっているのは、若手落語家でありクリエイティブチーム「Z落語」を主宰する桂枝之進さん(20) だ。

「Z世代の視点で落語を再定義、発信する」を掲げる枝之進さんは、なぜ落語に魅せられたのか。

5歳で落語に惚れ込み、15歳で弟子入り

桂枝之進さん2

夢見て足を踏み入れた伝統芸能の世界。そこで待ち受けていたのは……。

撮影:岡田 清孝

2021年11月、渋谷のオープンイノベーション施設「100BANCH」。黒いパーカにバックパックを背負った彼は、爽やかな笑顔をこちらに向け、現れた。そこに落語家の面影は見えない。

だがインタビューが始まると、その場は一気に“寄席”に変貌する。

テンポの良い語り口。情景が見える言葉の選び方。返した答えに筆者が笑うと、瞳が一瞬輝き、さらに被せて笑いを取ってくる。

枝之進さんが落語と出会ったのは、5歳のときに母に連れていってもらった近所の落語会だった。登場した“おじさん”が、右や左を向いて話し、それを見てみんなが笑う光景が衝撃だった。

それ以来、落語にハマった。9歳のころには、学校の図書館で落語のセリフが書かれた「速記本」を見つけて読むように。

最初は覚えた古典落語を友だちに話して笑わせていたが、徐々に親戚の集まり、親戚が営むお店でのイベントと披露する場が広がっていった。

12歳の時には「子ども落語を応援する会会長賞」受賞。13歳で、BSフジの番組「落語小僧」にも出演するほどになった。

中学時代にはアマチュア落語家として、国内外の高座をはじめ、イベントやテレビなど、年間150本もの公演をこなしていた。

2016年11月、中学卒業を控えた進路相談では「落語家になりたい」と伝えた。その時には「一生落語家として生きていく」と決めていた。

そうして2017年1月、ある落語家のもとに弟子入りした。

「50年後、舞台に僕しかいないのでは」

入門したのは、関西の上方落語の三代目・桂枝三郎門下だった。

枝三郎さんは、毎回3席、新しい古典落語の演目を披露する『枝三郎六百席』という落語会を月に1度のペースで開催している。

「毎回知らない落語が聞けて新鮮。そんな師匠の元で、古典落語を学びたかったんです」

上方落語の世界では、師匠に弟子入りし、芸名が付いた時点で正式にプロの世界に入ったとみなされる。

弟子入り後は平均3年にわたる「年季修業」と呼ばれる修業期間がある。師匠から「年季明け」の許可がおりると、晴れて自分の仕事が自由に受けられるようになる。

年季修業中は師匠について回るのが基本だ。朝10時から夕方5時まで、寄席の楽屋番をしながら師匠たちの着物の着付けを手伝ったり、お茶出しをしたり。それが終わればコンビニや居酒屋、ホテルの宴会係などのアルバイトも詰め込んだ。

「つらかったけれど、その時にはもう覚悟を決めていた。辞めたいとは一切、思わなかった」

一方で、弟子入りをして気付いたこともある。落語家にもお客さんにも、同世代がいないのだ。

「50年後、僕は誰と一緒に高座にあがっていて、誰がお客さんとして落語を見に来てくれるんだろう」

枝之進さんは少しでも落語を多くの人に知ってもらうため、SNSで情報発信を始めた。

修業の様子を呟くと「10代の落語家」という珍しい肩書きのためか「面白い活動をしている同世代」が少しずつフォローしてくれるようになった。

「同世代の仲間たちに、落語を聞いてもらうにはどうすればいいんだろう」

枝之進さんが真剣にそう考え出したころ、世界をコロナ禍が襲った。

5Gを使えば、落語を伝えられる

コロナ禍は落語界を一変させた。

寄席が閉まるなんて、戦時中でもなかったこと」。

コロナ禍を契機に、上方落語界もオンライン落語会やYouTubeチャンネルなどを通じてライブ配信を手がける人が出てくるようになった。

枝之進さんも、最初は落語会のライブ配信から始めた。

桂さん3

コロナの打撃を真っ向から受けた落語界。対策のために枝之進さんが辿り着いたのは、Z落語だった。

撮影:岡田 清孝

他にできることはないか。探したところ、目に留まったのが会員制の共創施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」だ。敷設された5Gの基地局を活用した、実証実験のアイデアを募集していると知る。

通常のオンライン回線を使ったライブ配信では、タイムラグが発生してしまう。ライブ配信よりもさらに臨場感ある落語を届けるため、5Gの技術を使った無観客落語会へ挑むことにした。

応募にはプロジェクト名と3名以上のメンバーが必要だった。インスタのストーリーで、デザイナーを“ゆる募”してみると「2秒ぐらいで知り合いが声をかけてくれた」という。

集まった仲間たちは、全員10代から20代前半の「Z世代」だった。

デザイナーの速水駿さんは、現代美術や日本庭園などが好きで、アートに造詣の深い人物。出会う1年ほど前から、SNSでやり取りをする仲だった。

映像制作を手がける大久保空さんは、知人の紹介で知り合った。枝之進さんいわく「音楽が好きな空さんの撮る写真や映像には、音楽のバックボーンがにじみ出ている」そうだ。「聴覚を起点に視覚をつくるのは、落語にも共通する才能」と枝之進さんは、空さんに落語との親和性を感じている。

プロダクトデザインの佐藤隆世さんは、電子工作やプログラミングを手がける人物だ。オンラインミーティング中に、3Dプリンターで出力して作成する「扇子」のデータを、30分ほどでつくってみせた。その才能に惚れ、スカウトしたという。

これまで交流してきた同世代の中から「落語の可能性を拡張する」ためのクリエイティブチーム「Z落語」が誕生した。

「5G落語会」のPV。Z落語のメンバーで企画・制作した。

動画:Z落語

同じネタでも、落語家はお客さんの反応を見ながら少しずつ話し方を変えている。だが、オンライン配信ではわずか0.5秒の反応の高座と観客との間に生じる「遅れ」が芸に影響してしまう。

5Gを使って落語をすると、そのわずかなタイムラグが、4Gと比べて少なくなった。グッと話しやすさが増し、お客さんとの相互のやりとりもしやすくなった。

「お客さんの声をイヤホンで聴くので、通常の寄席よりも声が近いんですよ。新しい発見でしたね」

落語とクラブカルチャーをミックス

「’’YOSE’’ by Z落語−名古屋」の様子。

動画:Z落語

テクノロジーを使えば、落語の可能性はもっと拡張できる。

そんな手応えを感じた一方で、オンライン配信ではひとつひとつの演目に注目はされても「寄席」という空間がもたらす特殊な体験ができない。

そもそも、若い世代にとって落語はとっつきづらいもの。届けられる人数には限界がある。

「かつて江戸には100軒を超える寄席がありました。例えば「講談(※)」の“連続もの(数日かけて披露される大ネタ)”は『この続きはまた明日』で終わり(お客さん同士と芸人が)次の日も再び顔を合わせる。寄席は、そういった交流や刺激のある場所だったんです」

(※)講談とは、『太平記』や『源平盛哀記』などの歴史に関する本を読み聞かせること。

寄席を、いまの時代に置き換えると何だろうか。行き着いた答えが「クラブ」だった。

仲間たちとアイデアを出し合い、落語とクラブカルチャーをミックスしたイベント「YOSE」を2020年12月に渋谷のオープンイノベーション施設「100BANCH」で開いた。

2日間のイベントでは、演出にもこだわった。

たとえば、各地の寄席の高座には、その寄席が目指す理想を示す言葉が掲げられている。繁昌亭であれば“上方落語中興の祖“の故・桂米朝がしたためた「楽」の文字、新宿末廣亭であれば「和気満堂」のように。

「YOSE」では高座に掲げた額の中にネオンサインで「Z」の文字を輝かせた。まるでZ世代による新しい落語を目指す心意気を示すかのようだ。出囃子もDJがプレイした。

すると、40人ほど入れる会場は両日満員に。来場者の9割はZ世代だった。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み