無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


サステナビリティ・スタートアップ5社が明かす、環境問題に取り組みたい企業へのアドバイス

ナーダムの共同創業者、マット・スキャンラン(左)とディーデリック・ライセマス

ナーダムの共同創業者、マット・スキャンラン(左)とディーデリック・ライセマス。

Naadam

2013年に大学の友人同士だったマット・スキャンラン(Matt Scanlan)とディーデリック・ライセマス(Diederik Rijsemus)はモンゴルを旅行した際、ゴビ砂漠の人里離れた地方に数週間かけて移動する地元の羊の放牧民とたまたま一緒になった。放牧民たちとの時間は想定外のことだったが、それがやがてサステナブルな事業の発想につながった。

「環境は違っても、裕福でも貧しくても、どんな仕事をしていても、人間はみな平等なんだということに気づかされたのです。自分たちは同じ人間なんだと気づかせてくれる共通点をちゃんと見れば、壁はなくなり、もっと公平な関係を築くことができます。そんなふうに事業ができたらいいですよね」とスキャンランは言う。

スキャンランとライセマスは、ゴビ砂漠の放牧民と直接取引して商品を調達・製造するカシミア衣服の事業、ナーダム(Naadam)を創業した。仲介業者をなくすことで、放牧民への支払い額を増やし、価格も抑えることができる。

ナーダムは、ゴビ砂漠の羊のための獣医医療を提供したり、砂漠化防止に取り組むためのゴビ・リバイバル・ファンド(Gobi Revival Fund)を立ち上げているほか、浄水施設や家畜用保険の提供、地元のコミュニティのための公園も設置した。

ナーダムのように、持続可能性を中核ミッションに据える企業は他にもある。使い捨てプラスチックを使用しない、過剰包装をなくす、再生可能な素材を使うなど、自社の活動で環境に配慮している起業家たちもいる。

炭素排出量全体の35%以上はたった20社の大企業によるものであるにもかかわらず、サステナビリティへの取り組みは個人や零細企業にも求められている。

そこでInsiderは、環境に配慮した製品の開発に取り組む企業の創業者たちから、自分の会社をよりサステナブルにするためのヒントを聞いた。

プラスチックを使わないカミソリ、海から着想を得たスキンケア商品、環境に有害な成分を使わない衛生用品、生分解できるスマホケースなど、サステナビリティに向けた彼らの取り組みを見てみよう。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular