無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NFTを超えうる新概念「ソーシャルトークン」はコラボレーションのあり方を根本的に変える

昨年来、NFT(非代替性トークン)がブームになっている。メディアの脚光を浴び、2021年年初からのNFT売上金額合計は130億ドル(約1兆4000億円)を超えた。

関心が高まる一方、多くの人にとってNFTはよく理解できない存在だ。あまり実用性のない空想世界の話のように扱われている。NFTに対する疑問を抱く向きがある一方、NFTより実用的で、これからの仕事やコラボレーションのあり方を根幹から変え得る新たな流れも生まれている。それが「ソーシャルトークン」だ。

ソーシャルトークンとは何か?

簡単に言うと、ソーシャルトークンとは、暗号化に基づく分散型コミュニティ「DAO(デジタル自立分散型組織)」内において、報酬をデジタル通貨で支払うことにより共同プロジェクトへの貢献を奨励する方法だ。

受け取ったデジタル通貨は、他の仮想通貨に交換したり、デジタル通貨と紐づけられたコミュニティ内の特別な権利と交換したりできる。例えば、閲覧にトークンが必要なコンテンツへのアクセス、将来の戦略に関する意思決定のための議決権、コミュニティ内NFTへの早期アクセス、といった権利だ。

DAOとは、共通の目的のために熱意を持った人々が協力し、高い目標を達成するためのバーチャルな場だ。その目的は仕事ではない。何よりも文化であり、協調であり、創りたいものを創ることが目的だ。

DAOでは文化が最優先され、製品やプロジェクトはその結果として生まれるものとされる。多様なDAOがあり、暗号ベースの製品開発に注力するものや、ソーシャル・ネットワーキングに力を入れるものもある。しかし、ソーシャル系を含むすべてのDAOは、さまざまな方法でさまざまな製品開発を進めるなかで、その目的達成のためにソーシャルトークンを活用する。

ソーシャルトークンは仮想通貨であり、その意味では他の通常の仮想通貨と同様だ。しかし、ソーシャルトークンの利点は、コミュニティのリーダーがトークンを分配する権限を持つことだ。

ソーシャルトークンを作る目的は、初期からプロジェクト支援者・貢献者が利益を共有できるバーチャル・コミュニティを構築することだ。DAOが構築しているさまざまなプロジェクトに貢献してコミュニティの発展に寄与した者には、利益のシェアとしてソーシャルトークンが与えられる。

その目的は、人々がトークンを購入して会員限定のコンテンツや特典、コミュニティでの投票権を得たいと思うような、野心的で強固なコミュニティやプロジェクトを構築することだ。

既存の暗号資産による報酬(給与に近いもの)に比べ、貢献者にとってはソーシャルトークンのほうがコミュニティの成功に尽力するインセンティブを得やすい。受け取るトークンの価値はプロジェクトの成功に直結しており、ほぼ無限に価値を高めることも可能だからだ。草創期のスタートアップの従業員が受け取る株式報酬をイメージしてほしい。

さらに、ソーシャルトークンのほうが貢献者に対する報酬の分配も公平だ。スタートアップとは違って、一定規模のトークンを獲得するのに初期からの貢献者である必要はない。後から参加しても、貢献に比例する報酬を得られる。従来のスタートアップ型の報酬よりはるかに公平だ。

こうしたコミュニティ内における利点の他にも、ソーシャルトークンのメリットはある。NFTより売買が容易な点だ。

NFTの場合、売るには買い手が現れるのを待つしかないが、ソーシャルトークンはいつでも他の暗号資産と交換できる。つまり、ソーシャルトークンの方がNFTより市場性が高い。

さらに、NFTと異なり、ソーシャルトークン革命に参画するのに大きな資産は不要だ。参入障壁はなく、誰もがオンラインコミュニティに自分の時間を投資して仕事をすることで、報酬をソーシャルトークンで受け取ることができる。つまり、時間を投資する人がコミュニティの真の価値を創出するのだ。

ソーシャルトークンはどんな組織に向いているのか?

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular