無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フェイスブックのAI、陰謀論者の隠語を検知できず。内部告発者ホーゲン「偽情報投稿対応の大失敗」

ザッカーバーグ

REUTERS/Erin Scott

フェイスブックは、人工知能(AI)を利用して規則・基準に抵触する投稿を検知しているが、明らかに偽の情報を見逃すこともある。

フェイスブックの内部告発を行ったフランシス・ホーゲン(Frances Haugen)の弁護士が開示した文書によると、2021年3月、新型コロナウイルスワクチンが「実験的」なもので危険だとする投稿が、検知されないまま1週間にわたりフェイスブック上で放置され、その間5万3000件のシェア、300万件の閲覧が行われたという。開示された文書は、初めウォール・ストリート・ジャーナルに、その後Insiderをはじめとする各ニュース機関に提供された。

「この投稿に関しては、偽情報投稿対応の大失敗と言わざるをえない」とホーゲンは指摘した。ホーゲンは当初、フェイスブックの社内掲示版上で注意を喚起した。問題の投稿は注意喚起された8日前に投稿されていたが、「ほとんどの閲覧は前日から増え始め、さらに急増を続けている」と、掲示板上にホーゲンは記している。

フェイスブックの「偽情報検知」技術は、短い3つの文章から成る英語の投稿をルーマニア語の投稿として読み取ってしまったことで見逃されたとホーゲンは言う。誤認が起きた原因は、投稿の表題には「Baaaaa…」という羊の鳴き声を表す言葉のみが書かれていたことだ。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

Popular